TOPへ戻る

お知らせ

 

今月の院内ミーティング

医療法人社団  愛正会  新秋津秋津駅前  まつばら歯科  歯科衛生士の橘です。

先日、22日は病院をお休みを頂き、ミーティング、勉強会を行いました。

今月は、患者様を笑顔でお迎えし、笑顔で帰って頂くため、スタッフが働きやすく、スムーズになんでもできるようにするために、私達スタッフは、毎月、係りを決めて、話し合いをして、実践をして、また反省点、改善点などをスタッフ全員で話し合いました。まつばら歯科では、常に、患者様を大切にお迎えするために、毎月、話し合いや意見を出しあう時間を作っています。

そして、各部署、ドクター、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、保育士と、分かれ勉強を行います。

私達歯科衛生士は、メンテナンスを主に行います。衛生士全員が、意見を出し合い、お互いが患者様の立場、気持ちになり、練習します。特に、自費メニューのクリーニングや、ホワイトニング、デンタルエステなどにも力をいれていますので、何度も何度も、練習します。出来て当たり前ではなく、日々、勉強です。

ドクターや、技工士も毎月課題を出し、勉強。歯科助手さんは、患者様との対応など、言葉使いなどを、松澤萬紀先生を迎え、講習会を行いました。私達、歯科衛生士にも、共有して頂いております。

このように、毎月1日、院をお休み頂いていますが、私達スタッフは、患者様にまつばら歯科に末長く通って頂くため、患者様の笑顔のため、患者様の健康のために、勉強させて頂く場をもうけさせて頂いております。そして、スタッフ全員が、意見を出し合い、働きやすい環境にするためにも、とても大切な時間にさせて頂いております。

本日も、スタッフ一同、誠心誠意対応させて頂きます。歯医者が苦手な方も、安心していらして下さいね!怖くない!って、きっと思って頂けると思います!

DSC_0601


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

MIペースト🍓🍈

医療法人社団愛成会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手兼受付 中村です👽

 

今回は、MIペーストを紹介します。

注意:MIペーストには牛乳由来成分が入っているため、乳製品にアレルギーがある方は、使用できません。

 

MIペーストの ”MI” とは、ミニマムインターベンション(Minimum Intervention)の略で、直訳すると『最小限の干渉』という意味だそうです!

 

MIペーストは、CPP-APCと呼ばれる成分により、カルシウムとリンのミネラルを豊富に含むペーストで、これにより、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。

CPP-ACPとは、牛乳由来たんぱく質のカゼインホスホペプチド(CPP)と、非結晶性リン酸カルシウム(ACP)の複合体です。

MIペーストには、唾液と比較して、はるかに豊富な約190倍のカルシウムと約20倍のリンが含まれていますので、効果的に歯の石灰化を促進します。
また、MIペーストには、酸性になったお口の中を中性に戻す中和作用、お口の中を酸性になりにくい状態に維持する緩衝(かんしょう)作用があります🦷

 

MIペーストの効果的な使用方法は、歯磨きの後に直接塗ります🦷🪥

①通常の歯磨き粉で歯磨きをしてお口をゆすぐ。

②MIペーストを指、綿棒、歯ブラシなどにつけて歯全体に塗る。

③3分間そのままにして軽く吐き出す。
(食品添加成分ですので多少飲み込んでしまっても大丈夫です)

④その後30分は、うがいや飲食をしないようにする。

子供たちに人気の味も豊富にあります🍓🍈

我が家では、先日から子供たちに寝る前に使用しております。

下の子は歯磨きが嫌いで苦戦しておりますが、MIペーストを使用してからおいしいのか口をあけて待ってくれるようになりました👦🏻🪥

期間限定の味もありますのでぜひ試してみてください!!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

もぐもぐプレッツェル

こんにちは。

 

最近は、天才作曲家久石譲さんのジブリオーケストラシリーズを、高音質イヤホンで聴きながら脳内で指揮をすることにハマっております。まるで自分が作曲した気分になりますよ。くだらないですね。

 

 

先日、港区赤坂にあるドイツ料理店へ行きました。


毎回ドイツの話ばかりで申し訳ないですが、好きなのでしょうがないです。

 

お目当てはドイツパン!

 

 

 

特にこのKäse Brezel (チーズプレッツェル)は美味しいと噂に聞いてたのでとても楽しみにしていました。

 

Brezel はドイツ全土というより、バイエルン地方でよく食べられるのですが、製作方法がとても独特。

 

まずは通常のパンのように、強力粉、イースト、塩、バターなどをこねていくのですが、焼く前に重曹を水で溶かして温めたお湯に、30秒ほど浸すという工程があるのです。


あの
Brezel特有の照りはこのように出来ているのだそうです。もちろんこちらも美味でした。

 

 

しかし、ドイツパン。これに限らず一般的に日本のパンのより硬いです。

 

グルテンが含まれていないライ麦を使用することで、膨らまず内容のズッシリとしたパンになるのです。でもこれがまた風味が豊かで美味しいんですよね。

 

私も、顎関節症疑惑のこの顎で恐る恐る食べてみたのですが、油断すると顎が外れてしまいそうでした。(冗談です)

これを主食として食べているのだから、ドイツ人の顎は強いのだろうと思います。(偏見です)

 

 

ものを噛み砕く力には、顎の筋肉の影響もありますが、歯並びが大きく関係していることをご存じでしょうか?


歯並びを良くする矯正治療の役割は、単に見た目の改善のみと思っておられる方も多いかと思います。


上下の噛み合わせ方の状態が正常なことを正常咬合、異常であることを不正咬合と歯科界では言います。


不正咬合は見た目だけでなく、食べ物を噛む効率が低いというデメリットもあります。

 


矯正治療は始めるタイミングが早いほど、期間が短くなったり、綺麗に整いやすくなる可能性が高いです。


当院は矯正治療の日も設けております。また、最近流行りのマウスピース矯正も取り扱っております。(適応症かどうかは一度拝見させて頂く必要があります)

 

 

もし自身の歯並びに御不満がある方は、一度当院までお気軽にお越し下されば幸いです。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

☆ハピカ通信☆

医療法人社団愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科保育士の内田です。

すっかり街はクリスマスモードですね。

院内やキッズルームも、クリスマス装飾に変わり、わくわくするクリスマスシーズンの到来です🎄

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、子ども達からの定番の質問。「サンタクロースって誰?」「本当にいるの?」に対して何と答えますか?

今日はそんなミステリアスなサンタクロースの秘密を探ってみました。

サンタクロースのモデルは、ギリシャ出身の司教「聖ニコラウス」であると言われています。ある時、ニコラウスは貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならない一家の存在を知ります。そして真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れました。

ニコラウスの金貨のおかげで、家族はバラバラにならず、みんな一緒に暮らすことができたという逸話が残されています。

ニコラウスが窓から金貨を投げ入れた時、偶然にも暖炉に下げられていた靴下に入りました。

これが「サンタクロースが夜中に入って靴下の中にプレゼントを入れる」という伝統の始まりです。

ヨーロッパからアメリカへ伝わる時に「聖ニコラウス」が英語風になまり、「サンタクロース」として広まったそうです🎅

何とも素敵なお話で、また一つ勉強になりました😌

皆様もこの機会に、親子で語り合う楽しい時間になりますように✨


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, ハピカ通信

 

最強の魚、イワシ!!

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手、受付、管理栄養士の大島です。

 

先日、心地よい陽ざしの中で魚釣りをしてきました♪

 

私の釣りはのんび〜り堤防から🎣大物は釣れませんでしたが、小イワシが30匹ほど釣れました。釣るのも楽しいですが、それを食べるのも楽しみのひとつ!今回は小物だったので、頭と内臓だけ取り除いて骨ごと素揚げにしてみました。ビール🍺のお供にぴったり♪

美味しく頂きました〜

 

 

イワシは漢字で魚編に弱いと書いて『鰯』です。傷みやすく、弱りやすい魚ということからきています。

 

ですが、鰯は『弱い』よりも『最強の魚』です。イワシにはDHAやEPAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれており、血液をサラサラにしてくれ生活習慣病の予防にも効果があるといわれています。また脳の働きを良くして認知症を予防する効果も期待できます。そして、カルシウムやリンなどの骨や歯をつくるために必要なミネラル類が豊富に含まれています。

 

 

そうです!!❝💖歯💖❞も強くしてくれるのです。

 

最強の魚ですよね!

 

丈夫な歯で美味しいものを一生食べ続けたいですよね〜

口の健康は日頃のケアと栄養バランスのとれた食事が大切です。

当院ではお口のケアグッズも多数取り揃えています。いつでもお声掛け下さい♪


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

新秋津•秋津駅前まつばら歯科 歯科技工士の佐藤です

先日、イボクラのウェブセミナーを受講させていただきました。

演者先生はSJCDの大河先生という大変ご高名な歯科医師で審美治療の最前線の先生です

 

歯科技工士の立場ですとすでに失われた機能をどう回復させるかに目がいきがちですが歯科医を含む医師の立場からなぜこうなったのか?どうして起こったのか?を究明してから治療にあたるというワールドスタンダードに則り講義がはじまりました。

 

講義の内容としては酸によって溶けてしまった歯をips Emaxで補綴する症例だったのですがそのなかで大変驚いたことがいくつもありました。

 

酸によって歯が溶けてしまうことはご存じだと思いますがその原因は逆流性食道炎による胃酸であったり、若い女性などに多くみられる体重コントロールのための食べ物の吐き出しであったり、エナジードリンクなどの過剰摂取、またお酢を飲む習慣など様々で酸性の強い食べ物だけではないということでした。

 

虫歯や歯周病は今後減る傾向にあるそうですが割合的に今後増えるのがこの酸蝕歯エロージョンだそうです。

 

ちなみにエナジードリンクはヨーロッパのある国では17歳以下は禁止になるそうです

海外では規制されているものが日本では当たり前のようにコンビニで並んでいいる例の一つですね

 

症例に戻りますと

仮歯を使用して噛み合わせをコントロールしたのちプレスに置き換え、前歯の噛み合わせスペースも合わせて確保し、前歯唇側も必要最小限の削りのみで美しく機能的な大変すばらしい症例でした。

接着についても言葉の定義から講義があり、多くの学びを得ることができました。

今後もこのセミナーには注目していきたいと思います。

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

鮭のホイル焼きちゃんちゃん焼風

こんにちは。
医療法人社団愛正会
新秋津・秋津駅前まつばら歯科
歯科助手.受付.管理栄養士の冨田です。

東京近郊でも紅葉が始まり、秋が深まって来ましたね🍁
益々、私の食欲の秋も深まって来ました😋

皆さんは、毎日のメニューが決まらずに、困っていませんか?
私は長いこと主婦をしていますが、しょっちゅう悩んでいます。

我が家では、晩ごはんのおかずが肉だと「イエ~ィ!」となり、魚だと「え~っ⤵️」となることが多く悩みの種ですが、鮭だけは肉に負けないくらい喜んでもらえます。

その中でも、この時期スーパーでよく見る秋鮭で作る“鮭のホイル焼きちゃんちゃん焼き風”は鮭と一緒に野菜やキノコをしっかり食べられて、味噌とバターの味がとても美味しくてごはんが進み、我が家では人気です。

広げたアルミホイルの上に一口大に切ったキャベツ、スライスした玉ねぎ、バラバラにほぐしたしめじとえのきを敷き、その上に鮭をのせ、味噌と砂糖と酒とみりんを混ぜたものをかけ、最後にバターをのせてしっかりと包んでフライパンに並べ少し水を入れて弱めの中火で蓋をして蒸し焼きにします。

このメニュー、簡単で美味しいだけではなく、鮭からもキノコからも食べ物からはとりにくいビタミンDをとることが出来ます。
ビタミンDはカルシウムの吸収促進や歯の石灰化の調整をすると言われています。
カルシウムとビタミンDの関係は密接で、せっかくカルシウムを摂取してもビタミンDが不足すると体内に吸収されないらしいのです。
日光を浴びると、皮膚でも作られるのでおすすめですが、紫外線が気になる方や浴びるのが難しい方は特に食べ物から摂取していただき、歯の健康にお役立ていただけたらと思います。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

秋の夜長の人恋しさの所以

こんにちは!
医療法人社団 愛正会
新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手兼受付の今村です。

秋も深まり🍁徐々に寒い季節へと近付きつつある昨今、体調管理の難しい時期ではありますが、皆さまお身体を労わりながらお過ごしでしょうか。

秋は春に次ぎアレルギー症状🤧が出やすい季節とのこと。かくいう私も鼻炎の時期を迎えクシャミが止まらない日々です…((+_+))

秋になるとどこかしら心寂しく人恋しくなる気持ちになることがありませんか?
実は心情の作用だけではないらしいのです。先日聴いていたラジオ番組の中で、脳科学者の中野信子さんのお話に興味深い内容が紹介されていました。秋になると心寂しくなってしまう現象はどうやら脳内🧠の神経伝達物質も作用しているとのことなのです。セロトニンという脳内伝達物質が減少してしまうとそのような状況に陥りがちとのこと。なぜセロトニンが減少してしまうかというと日照量☀️が関係しているそうです。実際の臨床報告によると、日照時間の少ない地域ではうつ病を発症しやすいとの相関が出ているそうです。なので、「ちょっと寂しいな」と思った時や、気分が落ち込んでどうしようもない時はご自身の日照時間を思い返してみられるのも良いかと思います。同じく脳内伝達物質であるオキシトシン(幸せホルモンとも呼ばれています)という物質も人との相互作用が少ないと減ってしまうそうです。これが分泌されなくなってしまうと「ちょっとしんどいな」という感覚が出てしまうらしく、それももしかすると「寂しい」という感覚に拍車をかけてしまっているかもしれません。スキンシップが難しい昨今の状況下、なんと体を温めることでその代用が効くとのこと!😳(脳は体の温かさと心の温かさを混同しやすいそうです!)朝日をしっかり浴び、温かいお風呂に浸かったり、温かい寝具に包まれたりすることで補える心と脳の栄養ですので是非お試しください!

心や身体同様、日光☀️は歯にも大きな作用を与えています。
歯の成長を促すカルシウムはビタミンDが支えているのです。ビタミンDが不足してしまうと健全な歯を作ることができません。ビタミンDは食べ物から摂取しようとしても、それをたくさん含む食品がそれほど多くないのが実情です💧
しかし、太陽を浴びた皮膚から作り出すことが可能なんです!午前10時~午後3時の日光で少なくとも週2回、5~30分日焼け止めを使用せず、顔・手足・背中への日光浴で十分な量のビタミンDを作ることができます。日焼けが気になるところではありますが、歯の健康の為、おすすめします!

心も身体も、そして歯🦷も元気に保ち、このコロナ禍を乗り越えていきましょう♪


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

写真を撮っていただきました📸

こんにちは!

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の五十嵐です。

 

月が明るくてきれいです。今週金曜日が満月になりますかね。秋のお月見には、お団子とススキ🌾

ススキは秋の七草(萩の花、葛の花、撫子なでしこ、女郎花おみなえし、藤袴、朝顔)の1つなのだそうです。朝顔が、秋の七草なのは、意外でした。

 

何日か前に、急に思いたって、衝動的に整体の扉をたたきました。

私の後ろ姿と横からの立ち姿を整体の先生が撮影してくれました。

「まっすぐ立ってください」

 

カシャ✨

姿勢がいいですね、とほめられるのかな、と思っていたら、、

身体が右に傾いていてビックリ

 

これはひどいな。

まるでよく見るススキの絵のようで、笑ってしまいました😅

 

まっすぐに立って、また写真を撮ってもらうつもりです。

 

まつばら歯科でも写真を撮らせていただくことがありますが、やはり画像は大切な記録の1つです。治療計画をたてたり、経過観察にも役立てています。

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

ウォーキングとガム

こんにちは!

医療法人社団  愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手の諸星です。

 

さて!私事ですがダイエットを始めて5ヶ月。

何とかまだ気持ちを切らさず継続出来ており懸命にジムにも通っている次第です。

 

そんな中で興味深い記事がありました🔎

 

『ウォーキング中にガムを噛むことによってエネルギー消費量がアップ&歩行距離も伸びる』

 

との結果が出たとの事。

リズミカルに咀嚼しながら歩くことで心拍リズムと運動リズムが同調し歩行テンポにも影響し距離を伸ばしたのではないかと言われており、この他にもガムを噛まないのと噛んだ方とではウォーキング時の心拍数が約3%も上がりそこにも差が出ていることが分かったそうです。

 

運動だけではなくガムを噛むとゆうことで唾液力がアップしたり、脳に酸素が運ばれたり効能は盛り沢山なのでコレはやるしかないっ!と意気込んで早速ガムを噛みながらウォーキングを行ってみました💪

 

体感ではあまり差は感じませんでしたが、今回1粒を30分間噛んで歩いてみたところ噛み心地に少し物足りなさがあったので次回は2粒に増やして行ってみようと思います!

最後に当院にて販売中のガムのご紹介です!

虫歯予防にもってこいのカルシウム+フッ素が配合されたポスカガムFです✨

再結晶化(再石灰化よりさらに修復効果がある)が世界初で実証!
フッ素が唾液に溶けやすいように工夫された素材でキシリトールも含まれているので、虫歯になる酸を作りません!

歯科限定商品になりますので、詳しくはスタッフまでお尋ね下さい🤗

 

皆様もウォーキング中のガムにチャレンジする際は、水分補給がしずらかったり、歩行中にガムを飲み込んだり喉に詰まらせないように十分注意して行って下さいね😊

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ