TOPへ戻る

お知らせ

 

こんにちは 歯科技工士の佐藤です

最近、デジタル技工のことが多かったので材料のことについてお話しようかとおもいます。しかし何についてお話ししようかと思案していたのですがなかなか、思いつかず

 

熱いコーヒーを啜ったときに決まりました。金属とジルコニアの熱伝導です。

ジルコニアは見た目、耐腐食性、硬さ、透過性などは多く参考資料がありよく解説されていますがあまり金属との熱伝導の違いについて語られたものは多くないとおもいます。(僕が知らないだけかもしれませんが)

しかし説明するにしてもジルコニアは金属に比べて熱伝導率が穏やかで歯がキーンとしづらいです。と一言で終わってしまいます。

逆にグラフや数字で言われても目に見えないことを説明するのは難しいかもしれません。

体感で語るべきだと思います!実はぼくの下顎の左右第一大臼歯には左側がジルコニア、右側は金属が入っています。あくまで体感なのですが明らかに右側金属のほうがキーンというがジーンというか熱いものがきたという感覚があります。

これはジルコニアの熱伝導率が金属より穏やかで天然歯に近似していることを示しています。すべての局面でジルコニアに軍配があがるわけではありませんが

こんな特徴もあるんですね。虫歯にならないことが一番ですが金属かセラミックかでお悩みでしたらこのような特徴もありますよというお話でした。

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

9月の中旬

こんにちは。歯科保育士の本橋です。

ようやく涼しくなってきましたね☺️

夜寝ていると朝方寒くて、目が覚めてしまいます!笑
皆様も体調気をつけてくださいね。

さてさて、最近は一日が過ごしやすく、休日は我が息子と、むしとりに行ったり、公園でおもいっきり走り回ったりと、秋らしい過ごし方をしております。😌

そして、秋と言えばブドウ🍇ですね。

キッズのこどものお弁当にもブドウが入っていたりと、まさしくブドウの季節☺️
それをみると、食べたくなって、いつも夜ご飯にブドウを食べています☺️笑

で今気になっているのはブドウの王様?

シャインマスカット!

を食べたくて食べたくて
気になっております!!!

とにかく食べたいので、今月は買って食べてみようと思います!

話にきくと
どうやら甘い

ときいたので甘いの大好き本橋には楽しみでしかたないです。🎵

でも気になるのは、甘いから虫歯にならないか、気になりますよね。

普通の甘い糖より果糖なので少しはいいかなとおもいますが、

それでもやはり毎日のブラッシングが大事ですよね。

歯ブラシをする際は歯間も大切ですが、意外と歯の表ばかり磨きがちですが、しっかりと裏を磨くことも大切です。

何気ない、毎日の当たり前の歯ブラシの仕方で変わってきます。

皆さんも歯ブラシをきちんとして虫歯予防をしてみてください。

なにより、虫歯予防に大事なのは

定期的な検診です!!

定期的な検診を行う際に、是非衛生士さんやドクターに正しい歯の磨き方もきいてみてください!!


日付:  カテゴリ:ハピカ通信

 

こんにちは🌷
医療法人社団 愛正会
新秋津・秋津駅前まつばら歯科
歯科衛生士の速水です(丿^ω^ヽ)

九月になりましてもなお、厳しい残暑が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか??

私はデグーマウスというネズミと一緒に暮らしています!
日本男児っぽく、名前は武蔵です🐭

デグーの歯は常生歯(じょうせいし)といって一生伸び続けるそうです!!
前歯4本、奥歯16本、計20本で構成されています。

前歯でペレットという硬い餌をかじったり、木をかじったり、時には人間の指をかじったり…

そんなふうに使われている前歯🦷

びっくりすることに、実はデグーの前歯はオレンジ色をしているんです!🍊
ご存知でしたでしょうか??

ではなぜ、オレンジ色になるのか??

デグーはチモシーという草や、ペレットを食べます。
その中に含まれるクロロフィル(葉緑素)と唾液が化学反応し、前歯の色を変えているそう!!

オレンジ色=しっかり栄養をとれている。
デグーの場合はオレンジ色の歯こそ健康の証なのです!!
しっかりチモシーとペレットを食べている我が家のデグーの歯も見事にオレンジ色!健康です!!

しかし、人間の歯がオレンジ色ではビックリしてしまいますよね…!

実は、歯が白いだけで第一印象が良くなり、ステータスが上がる効果が期待できる🌟
という報告があがってきているのです。

・年齢よりも若く見られる
・清潔感があるように見られる
・学歴が高く見られる
・明るく頼りになる印象を与える
・異性から話しかけられやすくなる
・行動力があるように見られる
・自分の見た目に自信が持てるようになる

実際アメリカ🇺🇸では歯のケアができていると自己管理や仕事が丁寧な印象として評価される傾向にあるようです😬✨

当院でも、歯の着色汚れを落とすPMTCや、歯の色自体を白くするホワイトニングを行なっております。

ホワイトニングの種類は3種類扱っております。
お家でマウスピースを使って行うホームホワイトニング。
歯医者さんで行うオフィスホワイトニング。
ホームホワイトニングとオフィスと掛け合わせて行うデュアルホワイトニング。

歯の色でお悩みの方がいらっしゃいましたら、皆様のお望みに合わせた施術を提案させていただきますので遠慮なくお声がけください😆!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは❁

こんにちは!歯科助手兼受付の上原です

最近、雨予報の日が続いてますね〜

折り畳み傘が大活躍ですね!

 

さて今日は歯ぎしり、食いしばりについてお話ししたいと思います!

歯ぎしり・食いしばりの際の噛む力は、自分の体重の2倍〜5とされています。

実は自分では気付かなかったのですが私も歯ぎしりや食いしばりをしていて寝る時にマウスピースを付けています!

 

まず、なぜ歯ぎしりや食いしばりをしてしまうのか原因は大きく4つに分けられます。

1、ストレス圧倒的大多数がこのタイプです。

 

2、習慣スポーツ選手などで、瞬発的に力を出すような職業に就いている人の場合、食いしばりが習慣化してしまっているケース。

 

3、噛み合わせ・骨格咬み合わせの異常や顎の変位、金属製の詰め物があっていないなどが原因で、歯ぎしり・食いしばりが起きるケース。

 

4、子ども特有のもの永久歯と乳歯の入れ替え時期におこる不快感などが原因で、歯ぎしり・食いしばりが起きるケース。

 

種類もいくつかあります。

bruxism001.png

グラインディング上下の歯をギリギリと擦り合わせる習癖のことです。

 

bruxism003.png

クレンチング上下の歯を強く咬み合わせる習癖のことです。食いしばりはこれに該当します。

 

bruxism002.png

タッピング上下の歯をカチカチと咬み合わせる習慣のことです。

 

歯ぎしりを行うことで、歯のかみ合う面がすり減ってしまう・歯肉に負担をかける・知覚過敏を進行させる・顎関節症のリスクを高める・頭痛や肩こりなどの原因となるといった悪影響があります。

当院では歯ぎしりの治療にマウスピースを使っています!

就寝時にマウスピース(ナイトガードともいいます)を使用することで、歯や顎関節にかかる負担を軽減します。

mouthpiece_orthodontic.png

 

今まで気付かなかったけど歯ぎしり、食いしばりをしているかもと思った方はぜひ当院にご相談してください!

お待ちしております


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

☆ハピカ通信☆

こんにちは、保育士の伊藤です。

 

 

涼しくなってきたため、ようやくお散歩たくさん行けてます!子ども達も嬉しそうで何よりです😭

 

昨日はセミを発見!既にお亡くなりになっていたのですが、最初は怖がって誰も手が出なかったのですが、みんなでツンツン触り、なんと最終的には手のひらに乗せていました!子どものパワーはすごいです💪

 

キッズルームも秋らしく装飾がなされ、今月の製作はぶどうの実をのりでぺたぺたと貼ったものです🍇

 

でんぷんのり初めまして!の子ども達が多く嬉しそうな反応からちょっと微妙な反応まで……😅

 

個性が出た素敵な作品です。是非ご覧ください。

 

 

秋の果物といえばぶどうですが、ぶどうをはじめとする果物は意外と虫歯になりにくいものなのです。

水分が少なく、食物繊維が多いので、口の中に残留することがないためです。

反対に、バナナのように粘り気のあるものは口の中に残り、虫歯菌を発生させやすくします。食後は歯磨きをお忘れなく🔍

 

それでは本日も良い1日をお過ごしください!


日付:  カテゴリ:ハピカ通信

 

🦷赤ちゃん・子供の虫歯😈

こんにちは(^^)

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手兼受付の天尾です🍓

 

9月もあっという間に中盤ですね😅

まだまだ暑い日々が続いていますが、、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は正直、お外に出たくありません🌞(笑)

 

さてさて、本題へ入りましょう☝️

今日は、子供がなぜ虫歯になるのか?

について書こうと思います✏️

 

子供の虫歯の原因はいくつか考えられます🌀

 

①キス💋からうつる

虫歯菌は、産まれたての赤ちゃんの口内には、存在していません。
そこからわかるように、虫歯菌は、唾液を介して感染する、感染菌なのです。

虫歯菌を口内にもっている大人の唾液が、赤ちゃんの口に入ると、虫歯菌に感染します。
例えば、次のような行動は、親から子へと虫歯菌を感染させているのです。

 

赤ちゃんが可愛いのでキスをする

大人が1度口に入れた箸やスプーンを子供に使う

 

などです。

 

特に、歯が生え始めた頃から、まだ歯が弱い2歳頃までは、感染の注意が必要です。
口腔環境が整っていない、小さなお子さんや赤ちゃんは、簡単に虫歯菌に感染します。

子供の時に感染した虫歯菌は、乳歯の神経部分にまで、浸食します。
すると、歯茎の中で作られていて、これから生えてくる永久歯にも、虫歯菌は引き継がれます。

虫歯菌を引き継いだ永久歯は、やはり虫歯になりやすい特徴を持ってしまいます。
大人になると口内の環境が整い、外部からの侵入してきた菌は、繁殖しづらくなります。
恋人同士のキスよりも危険なのは、親から子へのキスです。

 

②食べカスや磨き残し

口の中では、食べカスや糖分を養分にする、虫歯菌(ミュータンス菌)と言われる虫歯の原因菌が、歯垢(しこう/プラーク)に住み着きます。
歯垢は、虫歯菌にとって、絶好の餌場だからです。

そこで繁殖をして、口腔内で、糖(特に砂糖)を分解して、歯を溶かす酸を作ります。
この酸が、歯を作っているリンや、歯の表面を覆っているカルシウムを溶かします。
そして、歯をもろくし、虫歯を進行させていくのです。

 

③間食が多い

「糖」を摂取すると、虫歯菌が糖を酸に変え、歯を溶かします。
食事や間食、あめ、砂糖の入った飲み物の全てが、「虫歯の原因」となります。

しかし、歯には再石灰化という働きがあり、歯の自己強化を行い、虫歯が進行しないようにすることができます。
この再石灰化は、食事と食事の間の時間で行われるため、次のような食生活だと再石灰化を行うことができなく、虫歯が進行しやすくなります。

 

間食が多い

甘いものを絶えずに口に入れている

 

などです。

 

食事や間食は、時間を決めて取り、食事ごとに歯磨きをして、虫歯を予防しましょう。

 

たくさん原因は考えられますが、

子供を虫歯にさせないためには

 

毎日の歯磨き(セルフケア)

歯医者で歯垢や歯石を除去

(プロフェッショナルケア)

 

が大事です☝️

むし歯予防や虫歯を進行させないためには、セルフでの歯みがきに、次のような歯垢除去を取り入れましょう。

 

ブラッシング

フロス

プロによるケア

 

歯みがきは、ただ歯に当てていればいいものではありません。
歯と歯茎の間や、歯と歯の隙間など、歯垢がたまりやすい部分を丁寧にブラッシングする必要があります。
歯科で、正しいブラッシング方法を教えてもらうことも、歯磨きが上手になるキーポイントです。

 

当院では、お子様の口腔内の環境を子供のうちから整えるための第1歩としてできた

“ハピカくらぶ”というものがあります!

痛い・怖い といった歯医者さんのマイナスなイメージを無くし、歯医者さんを好きになってもらう😊🌈

少しずつ歯医者さんに慣れていってもらったり、クリーニングや、虫歯の早期発見も出来るので、おすすめです🦷

歯が生え始めた乳児〜小学生までが

入会出来ますので、気になる方はぜひ、

スタッフにお気軽にお声掛けください🗣

では、失礼します♫

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

お薬手帳

こんにちは!

医療法人社団 愛正会 新秋津.秋津駅前

まつばら歯科 歯科衛生士の五十嵐です。

 

家族が誕生日で友人からお花をもらってきて、どこに飾ろうか考えて いつも目につくようにキッチンにする?それともリビング?

 

散らかっていて 置けない…

 

お友達やら親戚など、お客様が来てくれていた時は、全体的に片付いていたわが家ですが、最近はお客様も減り、来ることになっても「移動の術」や「目隠しの術」でしのぎ すっきりした時間が少なくなっています。

 

片付けてリビングに置くまで小窓に

 

さて、秋は健康診断を受ける方も多いと思います。身長や体重はほとんど変わらないのに、洋服が毎年キツくなるのはどうしてかしら…すみません、個人的なボヤキでした。

中性脂肪やコレステロールはよく耳にしますが細かく調べると、アルファベット(GOTとかGTPとか…)が並び、何を調べた値なのか わかりにくいことも多いです。

 

歯科の治療をするにあたり、その中の数値を知っておきたいものがいくつかあるので、健診結果を見せていただくことがあります。

代表的なものは、血圧です。その他ヘモグロビンA1c(エーワンシー)はここ最近1か月くらいの血糖値の傾向がわかるので、重要な情報です。

 

お薬も最近は内科の先生が、「歯医者さんに行ったら、お薬飲んでいることを伝えてください。」と患者さんに言ってくださり連携を相互にとることも多くなりました。

 

内科だけでなく、整形外科やその他のお医者さんで、お薬を処方された際は、ぜひお薬手帳をお持ちください。

すでにご協力いただき、知らせていただいた方も、お薬が変わったり、増えたりしたら、教えていただけると助かります。

 

よろしくお願いいたします(^^)

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

どこが違うの?

おはようございます☀

歯科衛生士の江口です

今日も残暑が厳しいですね、、😓

昨日用事があり、息子を頼める人がいなかった為一緒にお出かけしました

乗り物大好きなのでバスや電車は本当にいいこ

むしろずっと乗ってたい🚌

そんな願いは叶わず目的地到着、用事を済ませてオムツを変えるためにベビールームに寄ったら、近くにあったユーフォーキャッチャーに反応。嫌な予感しかしない。

見たら大好きなトミカ🚙🚑🚗

一回やりましたがこれは無理と思い、彼を説得しようと10回説明しましたがまもなく3歳になる人に伝わる訳なし🤗

やってくれーと泣く息子を抱えておもちゃさんへ

どれか一ついいよーといった瞬間に選んだのはパトカー🚓家から持ってきて右手に握りしめてるのもパトカー。。。

いやいやもう持ってるよ!と声かけたら違うパトカーを指差す。。ん?🤔

なんでパトカー何種類もあるの??

どこが違うの??

なにが違うの??

ホンダかトヨタか?私には、、みんな一緒に見えました、と言うお話でした🚓

皆様残暑で体がお疲れかと思います

そして夏は食欲が落ちたり、素麺や冷たい飲み物ばかり飲んでしまい栄養バランス崩れがちです

そんな時、経過中の歯が病んだり歯ぐきが腫れたりします

体の疲れを、口の中が教えてくれます

なにかサインがありましたらお電話ください😊

皆様の健口を守れるようスタッフ一同務めて参ります😊


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

何の音?!

こんにちは!歯科助手兼受付の小林です!
皆様いかがお過ごしでしょうか𖠿 .゜
今日は大人だけではない、子供の歯ぎしりについてお伝えして行きますね!
実は、子供もストレスを感じているんですね〜あんなに沢山笑うのに?と疑問に思う方もいるかと思います。
ですが、大人と同じように子供もストレスが原因で歯ぎしりをしていることがあります。そして子供はまだストレス解消の方法を探せておらず、歯ぎしりで解消している可能性が高いです。
お子さんがストレスを溜めている時、歯ぎしり以外のサインを出していることがあります。

・声をかけてもあまり返事をしない
・爪を噛む癖がある
・蕁麻疹がでている
・オムツが外れた後もおねしょをしている
・眠っている時に叫ぶ
・怒りっぽい
・時と場所によって目が見えにくくなる
・学校や幼稚園、保育園に行きたがらない

お子さんが歯ぎしりだけではなく、上記の行動のどれかをしているようであればストレスを溜めている可能性が高いです。そんな時はお子さんと長く話をする時間をつくり、お子さんがリラックスできる環境を家でつくってみてください。
また心配な人は一度診療内科に行ったりカウンセリングを受けたりするのもオススメです。お子さんが心のケアを受けることでお父さんとお母さんの気持ちも楽になると思います。

2.よく噛む習慣をつくる

食べ物をよく噛まずにすぐに食べ終わってしまうお子さんの方が歯ぎしりをしてしまう傾向があります。なぜならあまり噛まない食生活を繰り返していると顎の成長が上手くいかず、歯の噛み合わせに影響が出やすいからです。
また一定のリズムで食べ物を噛む動作は情緒を安定させる効果があります。よく噛むことで体の緊張が和らぎ、ストレスが解消されるのです。また噛む運動は脳への刺激にもなりお子さんの脳の働きを活発にしてくれます。
野菜ではごぼう、れんこん、人参など、果物ではりんご、梨などの少し固めの食べ物を食べる習慣をつくってあげてください。

歯ぎしりに気付いたらまず新秋津・秋津駅前まつばら歯科へLet’s go!

Have a nice day🌱 ͛.*


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

9月といえば。

おはようございます。
歯科保育士の本橋です。

いよいよ9月にはいりましたね。

9月は秋。なので、運動の秋、食欲の秋🍠
はやすぎますかね?笑

いやいやそんなことはない!😆

9月といえば梨、ブドウかなと思いました。
今年は沢山食べようと思います。

一時ブドウを自宅で栽培していた時(自然に任せて手入れなし)のことを思い出して、よく食べていました😌その時にしったのが、ブドウの木のつるや葉を切りすぎるとブドウは育たない、実がありすぎると成長が遅くなる、、、

うん。育てるのは難しい。何気なく売っている、ブドウ。🍇
あんなに綺麗な形をしている🍇には様々な手が混んであるんだなぁと、改めて思います。

これは全てにおいてそうなんだろうと思います。

当たり前になこと。いろんな観点、視点から見る

と、また違う見方が、するので面白いなと思います😌
是非皆さんも物事を違う視点から覗いてみてください😌🍇に限らず❗

前にも書きましたが、
キシリトールについてもまた書いてみようと思います。
虫歯は虫歯菌が発生させる糖分からでる酸が原因です。

キシリトールは虫歯菌が発生する酸を抑えてくれる効果があります。

キシリトール入りのお菓子は甘くて美味しい!
普通のお菓子より、少し高いかもしれませんが、
その分効果は絶大。もちろん続けることが大切。
スーパーなどではなかなかないお菓子です。

そんな貴重なお菓子も当院にはありますよ!!!

これに加え、毎日の歯みがき粉をつけ歯ブラシ!

定期検診。

これは本当に大切だと思います。

まだ大丈夫だろう。痛みが出たら、いこうではなく、

なる前から常に気にかけることで、歯の健康も維持できますね!

備えあれば憂いなし

まさしくこの言葉どおりですね。

いつもブログを見てくださってる皆様ありがとうございます。

次回もまた更新していきますので、よろしくお願いいたします。


日付:  カテゴリ:ハピカ通信