TOPへ戻る

お知らせ

 

ココアの効果

こんばんは!受付兼助手のながはまです!

昼間の暖かさとは打って変わって夜は冷え込む時期が来ましたね。

だんだん寒くなってくると暖かいものを欲するようなりますよね。私はこの時期よくココアを飲みます。ココアはチョコレート同様摂取し過ぎるとよくないのでは!と思った方もいるかと思います。しかし、近年ココアは歯周病予防効果があると言われています!

歯周病を引き起こす代表的な細菌ジンジバリス菌、フゾバクテリウム菌、インターメディア菌の3つがあります。ある研究でこれらを試験官で培養しココアによる抗菌効果を調べたところ、ココアの添加量が多い程生菌数が減少している事が判明しました。通常飲まれているココア1杯でも歯周病原因菌に対する抗菌効果が期待されます。さらに口臭原因成分もココアにより濃度が低下し歯周病だけでなく口臭低減にもなることが分かりました。

もちろん糖分が多いと逆に虫歯の原因になってしまうので無糖ココアをおすすめします。

また、ココアは着色の原因にもなるので飲んだらしっかり歯ブラシしましょう!

皆さんも、リラックスの1杯はぜひココアを飲んではいかがですか☕️💭


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

myself

こんばんは!皆さんお久しぶりです!
助手兼受付の小林です!
皆さんお元気ですか?
私は夜とても寒くて寝つきが悪くなって参りましたよ…
でもそんな時は、湯船に浸かります。
10分首まで使っているだけで、汗だくです笑
好きな音楽やYouTubeを見ているだけで、10分なんてあっという間です。
今日は、マイルーティーンとマイブームをお伝えしていきたいとおもいます。

いつものルーティーンは、湯船に浸かってストレッチとマッサージをして寝ています。
マッサージに使うのは、ロクシタンのオイルとボディクリームです。毎回なくなったら、まだ使ったことのないものを買っています。
香りがいいものが好みなので、よりすぐりのものを厳選しています笑
マイブームは、えのきと白菜と豆腐の中華スープを作ることです。えのきと白菜はむくみに効果的な食材です。特に冬になると、むくみがひどくなってしまうので積極的に取るようにしています。他にも豆乳スープや辛いスープなども作り、体を温めるようにしています。また、ヨガに通うことで日頃の運動不足も解消しています。

普段からしょっぱいものは、食べないように心がけています。塩分を取りすぎると喉も渇きますし、むくみがひどくなってしまいます。あとは、ジュースなども控えています。

過剰な糖分摂取も体に良くないと言われています。疲れが溜まってしまったり、眠気も増したりしてしまいます。また、肌荒れも引き起こしてしまうんです。
それと、脂っこいものや野菜をあまり食べない生活が続くと便秘になったり、体臭が気になったりと悪影響しかなくなってしまいます。これは、自分が実際に体験してわかったことです。
ホルモンバランスも崩れてしまうので、食生活と生活習慣はとても大切なことだと改めてわかりました。

それから、私はマイルーティーンを作るようにしました。

この話が少しでも皆さんのためになれば幸いです︎︎︎✌︎マイルーティーンを作ってみてはどうでしょうか?

See you next time︎︎☁︎︎*.


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

故郷

こんばんは。助手兼受付の大山です。

本日私は休みだったので、飯田橋という町に出掛けました。皆さんは飯田橋に行かれたことありますか?私は今日という日が楽しみすぎて待ちきれませんでした。

なぜかというと、私はこの町で生まれたからです。生まれてから中学3年生まで住んでました。なので12年ぶりに帰ってきました。故郷?みたいなものですね!(笑)

12年経っても自分の生まれの町も変わってなく昔よく家族で行っていたお店などまだありました!(TT)

久しぶりに自分の町に帰郷して感動に浸る、この気持ちわかる人いますか!?(笑)

皆さんも思いでの場所とかあると思いますのでしばらく行っていない方は行ってみてはいかがでしょうか?

最後に雰囲気が伝わるか分かりませんが飯田橋駅付近の写真です、

飯田橋のこの町の雰囲気が私は好きでたまりません。

DSC_0212


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

カレーパワー


こんにちは!

歯科助手兼受付の植田です☺︎

最近は日中は暖かいですが、夜はとてもさむいですね。

乾燥もしてきましたし、体調を崩しやすい季節です。

わたしもしっかりと体調管理をしなければ!と思います!

 

さて、私は今日はお休みでしたので、おうちでのんびりすごし、夕ご飯にカレーを作りました◡̈⋆

はじめてカレールーを使わずにカレーを作ってみました!

いろいろスパイスを入れてみましたが…味の正解がわかりません!笑

でもとっても美味しかったです(*^^*)

作り方は、「ちひろさん」という漫画のカレーのレシピを参考にしました!

所謂マンガ飯…になるんでしょうか☺︎

またいろいろなレシピを参考にしてカレーを追求したいです!

カレーのスパイスは風邪予防にも良いというのは皆さんご存知かと思いますが、実は歯周病予防にも効果がある、という説があるのはご存知でしょうか?

カレーのスパイスのターメリックが歯周病菌の増殖を抑制する効果があるという研究結果があるらしいです。

カレーパワーすごいですねぇ( ー̀∀ー́ )

歯を失う原因のほとんどは歯周病とも言われ、成人の日本人のほとんどは感染しているとも言われています。

カレーパワーで冬も元気に!歯周病も予防していきたいですね!

美味しく食べたあとは、着色しないように、そして歯周病予防のためにもしっかり歯磨きをしたいですね!

今日はホワイトニング効果に期待して…ルシェロの歯磨き粉を使って歯を磨きます♪。.:*

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

☆ハピカ通信☆

こんにちは(*^^*)歯科助手兼受付のうえはらです。

クリスマスイベントのお知らせです!

12月23日に行います!

たくさんのおともだちと一緒に楽しめる内容を企画中ですよ(^^)

サンタさんからのプレゼントは何だろう〜??楽しみ♪

予約制なので、まつばら歯科のスタッフにお声がけしてくださいね♡

キッズルームから見える技工室の窓もサンタさんが待っていますよ!

BGMもクリスマス一色になり自然と気分が軽くなり笑みがこぼれます。

世代によって、代表的なクリスマスの曲ってありますよね。

私は、山下達郎だったり、マライア・キャリー、松任谷由実の曲ですね…

当時を必ず思い出します。色褪せません(^^)

オルゴール調だとまたそれも味があり、切なくなり感傷的になります。

当院でも今はオルゴール調のクリスマスソングが流れています。お気付きですか?

イベントに合わせて変えています。

キッズルームでは、英語版のディズニーソングが流れていますよ。

まるでディズニーランドにいる気分になります。

音楽の力って不思議ですね。

悲しい曲を聴くと悲しい追憶を思い出す。

楽しい曲を聴くと楽しいことを思い出す。

明るく感じる曲を聴くと人は前向きになる。

寂しく感じる曲を聴くと人は落ち込む。

しかも音楽には、

感情確認効果。

気持ちの切替えを促す効果。

現状肯定効果。

自己肯定効果。

リラックス効果。

があるそうです。音楽には、人の「心」を癒し、時には病気からの治癒を引き出したり、社会の雰囲気をかえたりするという大きなパワーがあります。今は音楽は医療にも使われています。

音楽療法には不安や痛みの軽減、精神的な安定、自発性・活動性の促進、身体の運動性の向上、表情や感情の表出、コミュニケーションの支援、脳の活性化、リラクゼーションなどの効果があげられます。

… 音を使ってコミュニケーションをとることや、集中力を養うこと、精神的なサポートにもなります。

音楽からパワーをもらい、元気にお出迎えしていきます。

お待ちしております(^^)

 

 


日付:  カテゴリ:ハピカ通信

 

天皇の料理番

こんにちは歯科技工士の宮林です。

めっきり朝晩、寒くなりました。今日は11月8日。

いい歯の日でもあり、立冬です。

秋の紅葉は、冬の紅葉へと感じます。

風邪、インフルエンザの話も、よく耳にします。

負けずに、追い払うぐらいの強い気持ちで、乗り切りましょう。

先日、令和天皇即位の礼が執り行われましたが、今から100年程前には、

大正天皇の即位の礼がありました。その時にも欧米から招いた賓客を、

もてなす宮中晩さん会も開かれました。

日本の西洋料理は、1853年ペリー来航により持ち込まれました。

その間、明治後期までは、まともなフランス料理がありませんでした。

テレビドラマにもなった天皇の料理番、秋山徳蔵さん。

20才でフランスに単身渡り、当時の巨匠ナーギュスト・エスコフィエに

師事。日本のフランス料理のパイオニアになりました。

そこで、大正天皇の宮中大晩さん会の料理長に抜てきされたのです。

極東の島国でまともなフランス料理など、できるはずもないと思われて

いましたが、これが大絶賛、欧米の賓客の心を捉えたのでした。

その秘密は「人は何をおいしいと思うか‥」にありました。

日本には、伊勢エビやズワイガニなど高級食材がありましたが、あえて、

当時欧米でよく食されていた「ザリガニ」を出したそうです。

『旨い』ものとは、その人の身体の要求にピタリと合ったもので、そう、

おいしさは思い出の中にあるそうです。(子供の頃によく食べた)これは、

大人になっても、やみつきになるそうです。

小学校低学年の食事はとても大事になるそうですよ。

最後にもう一つ大事な話です。

昭和天皇の一日の食事。朝食8時30分、昼食12時、夕食18時に取られていた

そうです。

体内時計を整えるには、日光を浴びるの他に、食事も大いに関係するそうで、

「朝食と夕食の間を12時間以内にする」と体内時計が整いやすく生活習慣病予防に

つながるそうです。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

歯の生えかわり

こんばんは!歯科衛生士の鈴木です。

先日甥っ子が、ついにやっと乳歯が一本抜けました。

早生まれの小学1年生ですが、最近はお子さまの乳歯が抜ける時期も早くなっている印象で、

実際まつばら歯科にきてくださるお子さまも、小学校入学する前に永久歯が生えてきていることが多く、

それだけに「ゆっくり」とした生えかわりだなと思いましたが、思い返せば乳歯の萌出も遅かった気がします。(^-^;

小学校入学時にプレゼントした乳歯入れの桐箱に、抜けた記念すべき1本目を入れていましたが、右下前歯のところではなく、左下前歯のところに入って日付も書いてしまっていたので、場所と日付を訂正しておきました。(^_^;)

確かに分かりすらいですよね…。

さて同じ時期に生え始めるのが6才臼歯ですが、この6才臼歯は非常に大切な歯になっていきます。

まず永久歯の中でも一番大きい歯で、噛み合わせの中心となり歯並びの基礎となります。

また食べ物を噛む力が一番強く、その力はおおよそ60キロとも言われます。

なので6才臼歯は歯の王様と言われていますが、

同時に一番虫歯になりやすい歯でもあり、

生え始めてから1年以内に約半数の子どもさんが虫歯にかかってしまいます…。

この6才臼歯(第一大臼歯)をいかに守っていくかが一生自分の歯で食事をできるかの見極めになっていくといっても過言ではありません!

お子さまの歯がグラグラしはじめてきたら、

6才臼歯に是非注意していきましょう!

まつばら歯科では定期的にフッ素塗布を行っています、6才臼歯にフッ素塗布は必須ですので是非いらしてくださいね!

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

11月8日は「いい歯の日」です。

歯科衛生士の橘です。

11月8日は「いい歯の日」です。

「いつまでも美味しく、楽しく食事をとるために口の中の健康を保って頂きたい」という、願いをこめて、「8020運動~80才になっても自分の歯を20本以上保とう」を推進し、11月8日を「いい歯の日」と設定したそうです。最近では8020達成者は年々増加していて、51、2%の方が80才以上で自分の歯を20本以上保っているそうです。

歯が健康だと

①本数が多いほど寿命が長い

②いろんな食品の咀嚼が可能になりなんでも美味しく食べられる。

③口腔機能が維持されていると姿勢や歩行が安定する。

④食べ物をしっかり噛むことで栄養吸収が促進される。

⑤噛む回数が多いと唾液がたくさん出て口の中を清潔に保つ。

⑥脳が活性化されることで認知症の予防になる。

こんな、いいことばかり!!

11月8日は、来院された患者様に歯ブラシのプレゼント!是非検診にいらして下さいね!

  1. めざせ!8020!!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

癒しのお店

こんにちは、新秋津・秋津駅前まつばら歯科の歯科衛生士 室田です。

先日、子供と小動物と触れ合えるお店に行ってきました。

お店には、ウサギ・ハリネズミ、フクロウ・ハムスター・プレーリードッグ・蛇など可愛い動物がたくさんいました。

私が大好きなネザーランドドワーフの可愛いウサギちゃんもいて 膝の上に乗せてナデナデする事が出来て 幸せな時間を過ごせました。

子供は爬虫類が好きなので 蛇をナデナデしながら「可愛い!飼いたい!」と大騒ぎしていました。

蛇は大人しく膝の上で丸まったり 時々、赤い舌をチロチロ出して可愛らしかったです。

職業柄、蛇の歯が気になってしまい 調べてみました。

蛇の歯は奥歯に向かって反り返っていて 獲物を逃がさないようにと飲み込み安いためだそうです。

よって、蛇の歯は噛み切ったりすりつぶしたりする事が出来ないそうです。

また蛇の顎は自分より大きい獲物を食べるために左右に分かれて それぞれを動かすことが出来ます。

獲物を丸飲みするのに最適な歯と顎をしてるんですね。

人の歯は、

前歯は食べ物を噛み切る

犬歯は食べ物を切り裂く

奥歯は食べ物をすりつぶす

とそれぞれ役割があります。

とれがが欠けてしまったら食事をとる時に 大変不便ですよね!

皆様の大切な歯を守るために 私達は治療やもちろん クリーニングにも力を入れています。

ご自身では落としきれない汚れは少しずつ溜まっていきます。それを私達、衛生士が丁寧に除去していきますので 是非いらして下さい。お待ちしております。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは歯科技工士の佐藤です

毎年流行するインフルエンザや胃腸炎ですがどうやら胃腸炎になってしまいました。

どうも僕は胃腸が弱いらしく、この時期は辛い思いをさせられてしまいます。

うがいや手洗いはもちろんのこと歯磨きで口腔内を清潔にしておくことが有効であることが近年の研究で分かってきています。

口腔内の細菌を減らすことがウイルス感染のリスクを減らすことに繋がるということです。逆に申し上げると口腔内の細菌が出す毒素がウイルスの感染をサポートし喉粘膜に悪影響を与えウイルス感染が促進されてしまうそうです。

また、口腔内が常に乾いている状態はよくありません、唾液は口腔内環境を整えてくれる大切なものです。清浄作用、潤滑作用、抗菌作用、pH緩衝作用、粘膜保護作用など多くの作用があり感染のリスクから守ってくれます。先天的なものや病的なことはすぐにとはいきませんがなるべく口は閉じ、鼻呼吸を意識する、睡眠時も口が開かないように工夫してこの季節を乗り切っていきたいと思います!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ