TOPへ戻る

ビタミンD

こんにちは歯科技工士の宮林です。

朝晩少し寒さを感じますが、服装をそれに合わせると、日中は暑いくらいです。

3月我が家にも、卒業そして入学の子がおります。いろいろと準備しなくてはいけませんが、本人よりも親のほうが、何かと振り回されているようです。

現代の3月は、花粉症月とでも言い換えても、よいかもしれません。現在日本の花粉症人口数は、2500万人以上(5人に1人)といわれ、年々増加をしているそうです。ドラッグストアーには、花粉症コーナーなるものがあり、鼻炎薬が色々と並んでいます。

私も、突然鼻水がツーと垂れてきます。風邪でもないのに、花粉症の仲間入りでしょうか?

徐々に体質を改善すれば、薬を使わなくとも、花粉症を治すことができると聞いています。もともと花粉症の薬は、症状を抑える対処療法過に過ぎず、いくら薬を飲んでも、根本的な解決法にはなりません。

そこで、「ビタミンD」が救世主になり得るそうです。

☆外部から入ってきたアレルギー物質に対して、害があるかどうか、判断する働きがある。

☆身体のあらゆる粘膜を強くする。

また、日光に当たらないと、ビタミンDが減少するので、日光浴をしてください。

花粉症に悩んでいる方、大いに「ビタミンD」の摂取をしてみるのも、いいかもしれません。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ