TOPへ戻る

カテゴリ: 未分類

 

🦷赤ちゃん・子供の虫歯😈

こんにちは(^^)

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手兼受付の天尾です🍓

 

9月もあっという間に中盤ですね😅

まだまだ暑い日々が続いていますが、、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は正直、お外に出たくありません🌞(笑)

 

さてさて、本題へ入りましょう☝️

今日は、子供がなぜ虫歯になるのか?

について書こうと思います✏️

 

子供の虫歯の原因はいくつか考えられます🌀

 

①キス💋からうつる

虫歯菌は、産まれたての赤ちゃんの口内には、存在していません。
そこからわかるように、虫歯菌は、唾液を介して感染する、感染菌なのです。

虫歯菌を口内にもっている大人の唾液が、赤ちゃんの口に入ると、虫歯菌に感染します。
例えば、次のような行動は、親から子へと虫歯菌を感染させているのです。

 

赤ちゃんが可愛いのでキスをする

大人が1度口に入れた箸やスプーンを子供に使う

 

などです。

 

特に、歯が生え始めた頃から、まだ歯が弱い2歳頃までは、感染の注意が必要です。
口腔環境が整っていない、小さなお子さんや赤ちゃんは、簡単に虫歯菌に感染します。

子供の時に感染した虫歯菌は、乳歯の神経部分にまで、浸食します。
すると、歯茎の中で作られていて、これから生えてくる永久歯にも、虫歯菌は引き継がれます。

虫歯菌を引き継いだ永久歯は、やはり虫歯になりやすい特徴を持ってしまいます。
大人になると口内の環境が整い、外部からの侵入してきた菌は、繁殖しづらくなります。
恋人同士のキスよりも危険なのは、親から子へのキスです。

 

②食べカスや磨き残し

口の中では、食べカスや糖分を養分にする、虫歯菌(ミュータンス菌)と言われる虫歯の原因菌が、歯垢(しこう/プラーク)に住み着きます。
歯垢は、虫歯菌にとって、絶好の餌場だからです。

そこで繁殖をして、口腔内で、糖(特に砂糖)を分解して、歯を溶かす酸を作ります。
この酸が、歯を作っているリンや、歯の表面を覆っているカルシウムを溶かします。
そして、歯をもろくし、虫歯を進行させていくのです。

 

③間食が多い

「糖」を摂取すると、虫歯菌が糖を酸に変え、歯を溶かします。
食事や間食、あめ、砂糖の入った飲み物の全てが、「虫歯の原因」となります。

しかし、歯には再石灰化という働きがあり、歯の自己強化を行い、虫歯が進行しないようにすることができます。
この再石灰化は、食事と食事の間の時間で行われるため、次のような食生活だと再石灰化を行うことができなく、虫歯が進行しやすくなります。

 

間食が多い

甘いものを絶えずに口に入れている

 

などです。

 

食事や間食は、時間を決めて取り、食事ごとに歯磨きをして、虫歯を予防しましょう。

 

たくさん原因は考えられますが、

子供を虫歯にさせないためには

 

毎日の歯磨き(セルフケア)

歯医者で歯垢や歯石を除去

(プロフェッショナルケア)

 

が大事です☝️

むし歯予防や虫歯を進行させないためには、セルフでの歯みがきに、次のような歯垢除去を取り入れましょう。

 

ブラッシング

フロス

プロによるケア

 

歯みがきは、ただ歯に当てていればいいものではありません。
歯と歯茎の間や、歯と歯の隙間など、歯垢がたまりやすい部分を丁寧にブラッシングする必要があります。
歯科で、正しいブラッシング方法を教えてもらうことも、歯磨きが上手になるキーポイントです。

 

当院では、お子様の口腔内の環境を子供のうちから整えるための第1歩としてできた

“ハピカくらぶ”というものがあります!

痛い・怖い といった歯医者さんのマイナスなイメージを無くし、歯医者さんを好きになってもらう😊🌈

少しずつ歯医者さんに慣れていってもらったり、クリーニングや、虫歯の早期発見も出来るので、おすすめです🦷

歯が生え始めた乳児〜小学生までが

入会出来ますので、気になる方はぜひ、

スタッフにお気軽にお声掛けください🗣

では、失礼します♫

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

夏だ、サマーだ、キッズルームだ!

こんにちは👋😃歯科保育士の本橋です!

梅雨があけて、真夏日が続きます。熱中症にならないように、水分補給を細めにして、対策をしましょう❗今年はマスクをつけているから、要注意です。

キッズルームでは夏に負けずに元気いっぱいにこどもたちは遊んでいます☆

今日はちょっとした…
⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐豆知識⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

キシリトールの効果とは?!

何気なく歯みがき粉や、CM、お菓子で聞くワードですが、いったいどんな効果があるのかな?

キシリトールとは、天然素材の甘味料なんです!!そしてそして、甘さは砂糖とほぼ同じ💦

なのにーなのにー

虫歯を減らす効果があるんです❗

不思議ですよね。けど本当なんです!!

だから、、、、、

日常生活のなかで定期的に摂取することで虫歯予防にもなりますよ❗☺️

これを気に摂取して、おいしく虫歯予防はじめてみてはいかがですか?⁉️

僕は。。。。

はじめてみまーす❗


日付:  カテゴリ:ハピカ通信, 未分類

 

ものもちがよい

こんにちは!

医療法人社団 愛正会

新秋津.秋津駅前まつばら歯科

衛生士の五十嵐です。

 

皆さま、好きな食べ物は何ですか?

あと1回、1個しか食べられないと言われたら、私は おにぎりです。やはりお米を食べておきたい(^^)

 

しかし、蕎麦やパンもパスタも(炭水化物ばかりですね)…好き嫌いはほとんどありません。蕎麦粉が余っていたので、パンを焼いてみました。

 

お蕎麦のパン。

おっきな こんにゃく色 家の者は「苦い」と言って誰も食べないので、1斤全部私のおなかに入りました。

 

わが家のホームベーカリーは20年選手で、こねる音が かなり大きめですが、焼きたての香ばしさが抜群に良く、1斤残さず食べそうになります。

ブドウパンも

全自動で焼いてくれました。

 

いろいろな物を処分していますが、処分してよかった、とか、それを忘れて探してみたりも。

びっくりするほど昔の道具がわが家にはあると思います。

 

まつばら歯科で、活用している酸性水。

スプレーボトルに移して、自宅でも消毒に使用しています。小さなスプレーボトルは、鞄やポケットに入るので、重宝しています。上のスプレーボトルは再利用している物ですが、今のところ問題はありません。ペーパーやタオルに浸してもよいかもしれません。ただpHが低いので、(それゆえに消毒効果が高いのですが)柄ものハンカチは漂白されてしまいます。

 

「酸性水とは?」「お水で消毒?」

 

電解機能水、EO水とも呼び、歯科では20年、それ以上、治療や消毒に使用されています。細菌やウィルスに効く消毒薬は、たくさんありますが、体に使えるというのが最大の利点でしょうか。「芽胞にも有効です」と患者さまにお話したところ、「それはすごい!」と 感心されていました。

 

私たちの説明で疑問点がありましたら、どんどん声をかけてください。酸性水についても、まだアルコールに比べて認知度は低いように感じます。治療についても、疑問点がありましたら どんどん声をかけてください。

納得して治療を受けていただけるように、努めてまいります。

 

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

ビタミンC!

こんにちは!歯科助手の諸星です。

 

まだまだコロナが流行しており、外にいても家にいても気を使って生活をしなければならず疲れますね。。
こんな時こそ、美味しい物を食べて気分を上げて免疫力も上げないといけません😄

 

そこで、この時期ならではの私の大好物『はるか』をご紹介します☆

年々、辛いものと酸っぱいものが苦手になってきたのでほとんどフルーツを食べない私ですがはるかは毎年ケース買いするほど気に入ってます。笑
見た目は黄色でいかにも酸っぱそうですが、酸味は全然ありません✨ジューシーなのに他の柑橘類とは一味違う優しい甘みなのでお子様にも喜んで食べて貰えると思います🤗
取り扱いが少ない気がするので、お近くのスーパーで見かけた際はとってもレアです!笑
お試し頂けた際は、感想を是非お聞かせ下さい🤗

 

 

さて、フルーツと言えばビタミンCですね!
お肌に良いことは有名ですが、実は歯ぐきにもとっても良いのです◎
歯ぐきの大切な構成要素の1つとしてコラーゲン線維というものがあります。
よく耳にする歯周病ですが、このコラーゲン線維が破壊されてしまっている状態なのです。

ビタミンCには「コラーゲン合成促進効果」がありコラーゲン線維の再生を促して歯ぐきを健康に保ってくれるので、歯周病予防にも効果的です✨

継続的にビタミンCを摂取をして体もお口の中も健康に!一緒にこの時期を乗り越えていきましょう〜(^^)


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

春がそこまでやって来ました!

こんばんは!

新秋津秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の鈴木です!

何日か前は雪が降ってびっくりしましたが、

今日は暖かい気持ちのよい日でしたね!

私の家の庭(小金井公園とも言う)には、たくさんの花が咲き始め、桜がいよいよ咲き始めてきました!

学校がお休みのため、今日もたくさんの人が公園に遊びに来ていて、

早咲きの桜の下でお花見をしたり、簡易テントをはって遊んでいる家族や、中高生らしき若者の姿もたくさん見かけました。

今の状況で、また少し前までまだ寒いこともあって家の中にいた子供さんや、若者も多かったと思いますが、公園は元気のエネルギーが満ち溢れていました(^-^)

やはり日光というのはすごいエネルギーを与えてくれますね!

 

さて、私たちに必要な日光(太陽)と同じように、生活に活力を与えてるのは、

「食べること」ですよね。

ある病院勤務の管理栄養士さんが驚いたことは、入院患者さんの食事形態が上がっていくと(例えば口から食べられず、チューブを通して食べることから口を使って食べるようになったり、ミキサー食から常食に変わること)、

患者さんの気持ちが大きく変わっていったことだそうです。

食事の形態が変わると顔色が変わり、生き方が変わっていくというかすごく活力が出てきて、若返ったとおっしゃる方もおられたとのことです。

健康な口腔内が患者さんや、そうでない方にも人生に与える価値が大きいことを是非知ってもらいたいですね!

↓春のお裾分け

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

こんにちわ 歯科技工士の佐藤です。


先日、火曜日担当の深沢先生が他の先生とスタッフ向けにダイレクトボンディングのテクニックとマテリアルの優位性について、プレゼンテーションソフトを使用してレクチャーしてくださりました。
技工士からの立場というより歯科に関わるものの立場として
感想を述べさせていただくと、ひとつの治療のスタイルとして素晴らしいということです。
形成量も時間も少なくエラーに対してはリカバリが容易にできることから患者さんと術者双方にもメリットがあり
審美的にも優れています。
技工士的にいえば歯科において審美的な色調再現をもとめたときに明度、色相,彩度の関係性が重要になるのですが物性的にこの三要素が天然歯に近似しているので優れているといえます
また硬度が天然歯に近いことも良い点です。
適用範囲は多少限定されますが初期のカリエスをキレイに治したいという主訴に対して有効な治療だといえます。
また審美を求めた技工物製作のさい隣在歯の形態を整えたりも可能なので技工側としても新たな提案ができるのかなという
可能性も感じました。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

セミナー参加

こんばんは!
衛生士の鈴木です。
先週は歯科衛生士の講演会に出席してきました!
以前勤めていた新橋に久ぶりに降りて、会場に向かいました。
平日でしたが、150名の方々が集まり、「歯科衛生士の新しい働き方革命」という題で、一言で言うと
とても熱い!!講演を聴くことができました。
題の通り、歯科衛生士の働き方についてまた新たな未来像を提出してくださり、私達の心にとても響く、そして情熱を感じました。

オーラルケア株式会社社長の予防歯科に対する、そして歯科衛生士に対する情熱をとてもとても感じ、情熱はいろいろなところに伝染していくのだなと感じました。

健康な歯を望んている日本の方々の将来のために尽力を尽している熱い講演を聴かせていただき、新たなカリキュラムの紹介まで、歯科衛生士としてまた新たにモチベーションを上げて帰ることができました!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

ミーティング

今日は全体ミーティングの日でした(●´ω`●)

外部講師の方に来ていただき、色々教えていただきました。習慣を身につけることや技術などなど。
学校を卒業してから勉強をする機会が中々なかった私。
勉強ができる環境があることが嬉しいし、すごく楽しいです☺︎

これから学んだことをいかしていきたいと思います☺︎

いつも勉強させていただける、環境に感謝しております。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

紫陽花

歯科技工士の山中です。
近所にある花壇の紫陽花が色づいてきました。医院の引っ越しもあり慌ただしい毎日を送っていましたが、もう5月も終わりなのですね。紫陽花の花に気付かされました。
DSC_0076
紫陽花には様々な別名があるのをご存知でしょうか?
花弁が4枚あることから「四葩」よひら。主に俳句や和歌で使われる夏の季語です。
また、紫陽花は土壌の酸度や成分、開花してからの日数により色が変わることから「七変化」しちへんげ、「八仙花」はっせんか。
他にも、集まって咲くことから「手鞠花」てまりばな。ドイツ人医師シーボルトが愛する女性の名を取って命名した「オタクサ」などなど。
これらの名前から、昔から愛され親しまれてきた花なのだと窺い知る事が出来ます。
雨の日が多くて暗くなりがちな私たちの心をパッと明るくさせてくれる紫陽花。これから見頃の時期を迎えます。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

ドライブ♬

こんばんは!助手のうえはらですヽ(*´∀`)

最近、ドライブにはまってます。

この前は昔からの友人と秩父まで行き、イチゴ狩りを。
すごく甘くて大きいイチゴを3人で無言でつまんで気づいたら10分で満腹になっていました。運転は珍道中で笑いあり笑いありで満喫しました。

お次は、仕事が終わって、子どもの夕飯を作りそのあと3時間ほどかけて大雨、嵐の夜をかっとばして茨城県まで行ってきました!
最初は高速で行く予定でしたが、首都高で道を間違えて降りてしまい、またお金を払い乗ったのですが、またまた間違えて降りてしまい、もうこんなの嫌だと思い、ずーっと下道で行きました!途中水郷ラインではすれ違う4トントラックの水しぶきをバシャバシャ浴び、3台連続でトラックとすれ違った時には前が見えなくなるほどバッシャンバッシャン水がかかり、大笑い!滅多にない経験をして、とても楽しい時間を過ごしました。

さらにお次は多摩センターまでドライブしてきました。
特に目的はなかったのですが、夜景が昔あったような?という曖昧な記憶のまま行きましたが、残念ながらありませんでした。暗がりの中のサンリオピューロランドの外観を車中から見るというあまり感動のない、でも道中かねりテンションの上がる楽しいドライブとなりました。

ドライブ中は必ず何かしら口寂しくなり、お菓子や飴、ガムと言ったものを口にしたくなります笑
しかも長い間。これが続き、ほっとくとだんだん歯がしみてきたりなんてこともあります。
私は運転の合間、休憩などでうがいしたりお口の中をクチュクチュしてなるべく清潔に保つようにしています。
気分もさっぱりして気持ちがいいですよ!

突然ですが、我がまつばら歯科ではご紹介をしていただいた方とされた方どちらの方にもリステリンを差し上げています。
持ち運びの良いミニサイズなので常にバッグに入れてお出かけできます。
現在通院中の方で歯医者が決まらず悩んでいるお知り合いがいらっしゃいましたら是非まつばら歯科をご紹介、お願いします^ ^


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類