TOPへ戻る

☆ハピカ通信☆

皆様いかがお過ごしでしょうか?

保育士の伊藤です。

 

 

夏本番と言わんばかりの強い日差しが続きますね。日中は暑く、夜には涼しい風が吹き、夏だなあと日々実感しております。

 

 

さて、暑い季節になると私は普段は飲まない炭酸飲料が飲みたい!と唐突に感じることが多々あります。

小さい頃親から「コーラは歯が溶ける」とよく言われたので、幼い頃は飲むのを躊躇してました。

 

 

コーラが歯を溶かすのは間違いでは無いですが、コーラだけが歯を溶かすわけではありません。

 

なぜ、溶けるのかと言いますと、1つ目は含まれる酸によるものです。

酸性の強い飲み物が歯に触れると、歯のエナメル質が溶けだします。

炭酸飲料水や清涼飲料水には酸が多く含まれているので、コーラだけが歯を溶かすわけではないということです。

 

さらに、含まれる酸に糖分もミュースタント菌(虫歯菌)を活発にさせ、口内を酸性にします。

 

この2点が口内を酸性にするため、歯が溶けると言われています。

 

 

防ぐためには、飲んだ後にお茶や水で口をゆすいだり、歯磨きをすることで、口内をリセットさせるのが良いです!!

 

 

暑い日々が続きますが、身体の健康、口内の健康に気をつけてお過ごしください。

 

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:ハピカ通信