TOPへ戻る

カテゴリ: スタッフブログ

 

かんでいますか

こんにちは!

医療法人社団愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の五十嵐です。

 

イグノーベル賞

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディ版だそうですが、日本人の受賞者は今年で 14年連続だそうです。

受賞式はハーバード大学の記念館で。素敵ですね。

 

昨年2019年は、明海大学の渡部茂教授らが「5歳児の1日の唾液の量」を調べて化学賞を受賞しています。

 

考えさせられました(^^)

 

どうして5歳にしたのか

15歳なら どうなのか

75歳なら?

 

5歳は500ミリという結果だったそうですが、大人の方にお話するときには、唾液は1日に1L〜1.5Lとお伝えしますが、その方によるな、と感じる場面はたくさん見かけます。まず、噛んで食べる食べ物が少なくなっている気がします。噛むと刺激で唾液がでますから、噛まなければ出にくくなる。お薬を服用していると、副作用で出にくくなる。お話をするとお口が動いて唾液が出ますが、お話をしなければ出にくくなる…

 

という感じで、何よりお口を動かさないと いろいろ働かなくなり、本来もっている機能(唾液をだそう!)が衰えてきてしまう恐れがあります。唾液は天然のヒアルロン酸化粧水のように保湿力があり、抗菌作用などもあります。

 

例えばお話する機会がなければ、声を出して本などを読んだり、歌を歌ったり…家で歌はちょっと…という方は音楽をかけて聴きながら歌うのはいかがでしょう、

あ、それもちょっと抵抗がある方は、前ブログでスタッフが紹介した あいうべ体操を。

それもなかなか習慣化が難しい方は、一口の噛む回数を増やすのもオススメです。

 

皆さんによく噛みましょう!と言っている私ですが、実は食いしん坊で「食べるの早すぎる」とスタッフに注意されています。

 

ゆっくり噛まないことが多いので、小さめのスプーン、握りにくいお箸を使用して食べすぎ防止と噛む工夫をすることもあります。スプーンが小さくなっても1スプーンの噛む回数はあまり変わらないという研究結果があるそうですよ。つまり、食事中のトータル噛む回数は増えるということです。

よかったらお試しください(^^;

 

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

もう師走ですね

こんにちは。医療法人社団 愛正会  新秋津・秋津駅前まつばら歯科、助手の諸星です。

 

気が付けばもう12月。日に日に寒さが際立ってきましたね🍃

 

冬と言えばイルミネーションですね✨

街中がキラキラしていて歩くだけで楽しい季節ですが今年は外出も控えたり、蜜を避けるため見れる機会も例年より少なくなってしまうかもしれませんね😣

 

写真はたまたま通りかかった角川武蔵野ミュージアムの物で、時間も遅かったので中には入れなかったのですが外からでもとても綺麗でした👏

さて、冬は太るというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

私も動物と同じように人間も寒さに負けないように脂肪を溜めこむので冬太りは仕方がない!と思っていたのですが実際はそんなことは一切ないそうです😫

 

クリスマスやお正月などイベントも続きごちそうを食べる機会が増えること、寒さで体を動かさなくなることが冬に太りやすい原因ではないかと言われています。

コロナ太りに冬太りのダブルパンチにならないように食べ過ぎないこと、なるべく体を動かすように気をつけてみると良いかもしれませんね😊

 

ついつい食べ過ぎてしまう美味しいご馳走も、全てお口から摂取します!

咀嚼する歯や口腔内の健康がとっても大事になってきます。痛みや何か症状が出てからだと手遅れになってしまうこともあるので、気になることがあれば早めのご相談をおすすめします!

 

初めての方も、お久しぶりの方も、いつもお起こしいただいている方も御用の際はお気軽にお電話下さい✩.*˚

皆様に末永く美味しいお食事を召し上がって頂くお手伝いが出来ればとっても幸せです🤗

では!体調に気をつけてお過ごし下さいね✩

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

摂食障害

こんにちは歯科技工士の宮林です。

 

 

今日はとても良い天気でした。明日は少し雨かな、の予報です。

 

気温は平年並みの日が続くそうです。

 

私の好きな銀杏並木もすっかり、いい感じになりました。見るとホットします。

 

休日、私はコタツに入って、横になりポテトチップスを頬張りながら、テレビで映画を観賞しています。何かこれだけを聞くと、怠け者に思いますね。

 

Withコロナのこの状況が、ある疾患に大きな影響を与えているそうです。

 

とても几帳面で真面目な方、社会的背景の中、競争が多い環境で育った方がかかりやすいと言う。食事を過度に制限する拒食症。食事の量をコントロール出来ず、頻繁に食べてしまう過食症に大別されるようです。

 

患者数20万人、病院にかからず苦しんでいる人は、その数倍いるともいわれている【摂食障害】です。コロナの中、その90%の方が何らかの影響があるそうで、拒食型の方は約30%「食事の量が減った」、過食型の方は約70%「食事が増えた」、嘔吐、下剤使用が50%増えたそうです。

 

体に出る症状として、食道炎を起こす、時には血を吐くことも、胃酸で歯が溶ける、脱水、低カリウム血症で血圧が下がり、全身がだるくなり動けなくなるそうです。

 

繊細な病気なので、何をもって回復したといえるのか解りませんが、もともと、社会の偏見があって、ダイエットがきっかけだったり、心ない言葉であったり、社会に対して複雑な気持ちの中挫折したりして、何か無理があって発症したわけで、「大丈夫だよ」って応援できる社会になってほしいし。

 

「何か色々あるけど、人生これでいいのかなみたいな」そう思えたら回復したのかな。

 

と、あくまでも、私の勝手な解釈です。すみません。

 

昨日ミーティング時に、当院の歯科医が今受けているセミナーに、とても感銘した話をスタッフ皆で聴き共有しました。当院受診の患者様に、「そこで得た知識、技術を診療に活かしていきたい」と、強い意志を感じました。

 

素晴らしく輝いた歯科医院です。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

本日の院内ミーティング

こんばんは!

医療法人社団愛生会 新秋津秋津駅前まつばら歯科 歯科衛生士鈴木です。

 

今日は医院のお休みを頂いて、月一回行っている院内ミーティングでした。

午前中は、オフィスウェーブより講師の先生をお招きして、心のあり方について学んでいますが、本日はモチベーションの学びを根底に、講師の先生の歯科治療を受けた経験を通して患者様の気持ちや食べる楽しさをサポートできる歯科医療の大切さを考える機会となりました。

これからはもっと積極的に患者様に治療をした後の感想や、治療する前のお気持ちなどをおききできたら良いなと思いました。

 

午後は今後導入するスキャナーについて学びました。

このスキャナー(トリオス)とは、最近テレビでも取り沙汰されているとのことですが、

お口の型を採る際、通常は印象材というものをお口の中に入れて型をとりますが、

こちらデジタルスキャナーでお口の印象採得ができてしまうというものです!

実際お口にコンパクトなスキャナー(CCDカメラのようなもの)を入れて動かします。

パソコン画面から歯の3D画像が写し出され、それをみながら画像を作製します。

スキャナーから少し暖かい熱がでますが、長い時間撮影するわけではないので、患者様の負担も少なく何より従来の型を採る必要がなくなりますので型を採るのが苦手な方は特に朗報です!

 

実際私も初めてで、操作もしたのですが、コツをつかめば従来の型を採る作業がなくなり、技工サイドも模型をつくる作業がいらなくなる、とうとうこんな時代がきてしまったんだな!という画期的なものでとてもビックリしました‼️

 

デジタル化は果てしなくすごいなの一言です!

近々実際治療で導入していく予定ですので、是非この最先端機器を体験していただきたいと思います!

 

皆様のご来院を心からお待ちしております。(^-^)


日付:  カテゴリ:スタッフブログ, 未分類

 

女性歯科医師

こんにちは!

医療法人社団愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の五十嵐です

 

落ち葉をはく🍂季節がやってきました。

 

いつもより遅いような気がしますが、近所の人が掃き掃除をしている音は季節感があっていい音であると同時に、冬がやってきたという 寒さに身構えるような緊張を感じる音になっています。

 

わが家のベランダも、はかなくては…

 

雑誌をめくっていたら、聞いたことのある名前が出てきました。

知り合いの歯科医師のお母さまで、「地域に根ざした活動・行政との連携」という題で記事を書いていました。その方が歯学生だった頃1学年120人中、女子は6人だったそうです。

 

学生の頃、卒業しての勤務、開業、校医、教育、訪問、禁煙、…など学会に所属しながら、さまざまな指名をうけて活動を広げていった さまが書かれていました。

 

1つの仕事が次の仕事を生み出して(次の仕事に呼ばれている)姿

異業種の方々と交流をもち、連携している姿

 

とても刺激的な記事でした。

活躍している女性

はじめは、そんな憧れのような気持ちで読んでいたのですが、女性でも男性でも 日々の生活、プライベートな活動もあり、仕事を支えてくれる家族や仲間があるという身近な話題に、感じるものが大いにありました。

 

84歳、今なお現役!

診療を続けているそうです。

年齢にもびっくりしたのですが、お孫さんと診療も夢ではない、将来ビジョンができている上向きの姿勢に、私も背中がのびる思いがしました。

 

まつばら歯科には素敵な歯科医師が女性も男性も勤務しています。これからもよろしくお願いいたします。

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

X’masホワイトニングキャンペーン

医療法人社団 愛正会 新秋津秋津駅前 まつばら歯科 歯科衛生士の橘です。

早いもので、今年もあと1ヶ月ちょっと。まつばら歯科も、クリスマスモードになりました!

まつばら歯科では、クリスマスまでの期間限定、ホワイトニングキャンペーンを始めました!

当院のホワイトニングには、専用の薬剤とレーザーを使用して歯を白くするオフィスホワイトニング。自宅で行うホームホワイトニング。オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングを併用して行うデュアルホワイトニングがあります。

今回のキャンペーンは、デュアルホワイトニングの各コースがお得になっています!

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することにより短期間で歯を白くすることが可能となります。

オフィスホワイトニングは、短期間で歯が白くなりますが、色が後戻りしやすい傾向があり、ホームホワイトニングを併用することで後戻りしにくくなり、白く歯を長期的に維持することができます。

是非この機会にホワイトニングをして、白い歯で、クリスマス、お正月を過ごしませんか?ご興味がありましたら、是非ご相談下さい!

まだまだ、コロナで不安な毎日ですが、まつばら歯科は、感染対策しっかりしております。安心して来院して下さいね!お待ちしております。

DSC_0387


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

舌の体操

おはようございます。
医療法人社団 愛正会
新秋津・秋津駅前まつばら歯科
歯科衛生士の黒岩です。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。
昼間暖かくても、夕方になると一気に冷え込み、油断をするとすぐに風邪をひいてしまいそうです!!

 

さて、皆さま、「あいうべ体操」ってご存知ですか?当医院に通院されている方や、病院などで聞いたことがあるかもしれませんね。

 

あいうべ体操とは?
→ お口回りの筋肉や舌の筋肉を鍛えることによって、舌を正しい位置に導き、口呼吸を鼻呼吸に改善していく体操のことです。

 

口呼吸の改善は、あらゆる病気の原因治療につながります。
例えば、鼻呼吸の際、外の空気を取り込む時に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため、
風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴がありますが、
口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルス、塵などを取り込んでしまうことになるのです。
このため、免疫力が低下して風邪をひきやすくなると言われています。

 

やり方は簡単です。

次の4つの動作を順にくり返します。
声は出しても出さなくてもかまいません。
1、「あー」と口を大きく開く
2、「いー」と口を大きく横に広げる
3、「うー」と口を強く前に突き出す
4、「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます。

 

口呼吸の方、ぜひお試しください★


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは歯科技工士の佐藤です

先日あまり機会がなかったコピーデンチャーを数年ぶりに作りました。

 

用途は義歯としてではなく造影剤を混合してCT撮影するためです

 

造影剤が白いので真っ白な義歯となります。少し違和感がありますが問題ないです。

 

話は少し変わりますが松風のウェブセミナーを受講した際にIOSと3Dプリンターの用途の相性が非常に良いことを知りました。コピーデンチャーもその一つですが、ほかにも親知らずを移植する際に抜いた親知らずの形に合わせて移植したい部分の処理をすると抜いた親知らずが乾いてしまうことがあるそうです、しかし事前に3Dプリンタで親知らずの形を作り滅菌した状態で移植したい部分の骨を削り合わせていく作業をおこない、その後に親知らずを抜き移植作業をするそうです。

 

また、ゴムに近い質感のものや半透明なものと種類も増えてますます歯科と3Dプリンタの繋がりは強くなりそうです。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

冬に向けて今から乾燥ケアを!

こんにちは!医療法人社団 愛正会 新秋津・秋津駅前まつばら歯科、助手の諸星です。

 

日中は暖かく過ごしやすいですが、どんどん空気が乾燥してきましね🍁
寒くなるとお肌や唇も乾燥してきて皮膚が切れて痛みや痒みまで出てきたり、辛い季節ですよね😣

実は冬になってから慌てて保湿ケアをしても、改善するのがむずかしくなる場合もあるんです。

 

冬まで潤いのある肌をキープするために今から保湿ケアを徹底しておくことがとても重要なんです!

夜のスキンケアでは保湿を中心に行い、お風呂ではしっかり温まり血行促進を!

血行促進は肌荒れだけでなく免疫力アップにも繋がるので、今の時期的にもGoodですね✨

 

更にお肌だけではなく、唇の保湿ケアも忘れずに!マスクで擦れて荒れてしまうことの多い今年は特に労わってあげてください(‘ᴗ’ )

 

🌼大人気の当院オリジナル商品🌼

MDCシリーズの中にも唇のケア用に

・リップスクラブ

・リップクリーム

のご用意ございます。

贅沢に配合された天然由来の成分とコラーゲン、ヒアルロン酸がしっかり浸透して高い保湿力で潤いを与え唇を滑らかに優しく保護してくれます🤗

更にスクラブには上質なキシリトールが配合されているので古い角質を優しく取り除いて唇のキメを整えてくれます✨

今からの早めのケアで今年は乾燥に負けない冬を過ごしましょうー٩(´・ω・`)و


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

予防接種

こんにちは歯科技工士の宮林です。

良い天気が続いていますが、少し雨が欲しいですね。今夜は雨模様の予報でしたが、

降りませんでした。残念です。

テレビで東京の銀杏が黄色く色ずいた様子を映していますが、私の気に入っている銀杏並木は、

どちらかというと、まだ緑色に映ります。場所によって色々ですね。

第3波のコロナウイルスの広がり心配です。

前回のブログで少し免疫の話をしました。

日本人やアジア人の感染者が少ない理由は、共通の遺伝的な特徴による可能性があるという話を、

聞きました。約20万年前人類誕生が、東アフリカで始まり、世界に広がって行く過程で、

色々なウイルス病原体と闘ってきたはずです。人の体は不思議です。体の中に遺伝的免疫が、

備わってきたのでしょうね。これは想像で仮定の話ですが。

ある病原体に自然感染するとT細胞やB細胞の一部が記憶細胞として体内に残ります(長期間)、

その為再び、その病原体に感染した時は、素早く免疫反応が起きるのです。

この働きを利用したものが【ワクチン】です。

【ワクチン】とは予防接種で用いられる病原体の毒性を弱めるか無毒化したもの。

ワクチンによって記憶細胞が体内にできます。その後、病原体や毒素が体内へ侵入した場合に、

記憶細胞が働いて体を守ってくれます。

予防接種は免疫の仕組みを利用して、色々な病気にかからないようにするため、

考え出された知恵なんですね。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ