TOPへ戻る

カテゴリ: スタッフブログ

 

7月からのキャンペーン

こんばんは!

医療法人社団愛正会

新秋津秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士鈴木です。

 

7月に入り、まだまだ梅雨、梅雨、梅雨‥

雨はもう少しの辛抱ですが、

いよいよまたきますね、あの猛暑が(^-^;

家の前の家庭菜園は、なんとかもっていますが、苗を植えたのも遅かったということもあり、

1つ死んでしまいました( ;∀;)(ズッキーニ)

また来年頑張ります😃

 

さて、歯科衛生士は只今新しい施術に取り組んでいます。

「ガムピーリング」。

以前ブログで書かせていただきましたが

黒ずんでいる歯肉をピンク色に回復させる施術です!

歯肉の色が黒ずんでいるというのは、

例えばタバコを長年吸っている方の歯肉を少し想像できるでしょうか??

原因はタバコもそうですが、実はタバコだけでなく、

先天性であったり、薬の影響であったり、口呼吸、加齢、紫外線、歯ブラシの刺激等

タバコ以外にも色々な原因があるのです。

 

以前から歯肉の色が気になっていたという方はおられますか?

いよいよ7月からキャンペーン開始です!

興味のある方は是非ご相談くださいね😃

お待ちしています!

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

「クラプロックス ハイドロソニックプロ」

医療法人社団  新秋津秋津駅前  まつばら歯科  歯科衛生士の橘です。

みなさんはどんな歯ブラシを使っていますか?

当院では、患者様1人1人に合った歯ブラシをご紹介していますが、その中でも柔らかい歯ブラシでご好評を頂いているクラブロックスシリーズの音波式電動歯ブラシ「クラブロックスハイドロソニックプロ」が最近、人気です!

○毛束が柔らかいので、ブラシによる歯肉へのダメージを軽減してくれます。

○ブラシヘッドが、パワーブラシヘッド、センシティブヘッド、シンプルプランヘッドの3展開で、しっかりと歯面に当てられる構造になっています。

○1分間に22000~42000回の音波振動でプラークの除去効率がとても高いです。

インプラントや、ブラケットを利用してい方、知覚過敏の方にも適しています。

不快な振動、飛び散りも少なく、楽に歯がツルツルになりますよ!!

気になられましたら、是非スタッフまでお声かけ下さいね!


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

ヨーロレイッヒー


こんにちは。

 

通勤中に聴いた音楽が、その日の仕事中の脳内BGMになってしまうので、うっかり朝から暗い曲を聴いてしまわないように細心の注意を払っている歯科技工士、佐藤玲安です。

 

 

最近は、この曲を毎朝聴くのがマイブームです。

 

Ich schenk’ dir einen Jodler~ ♪

einen flotten Jodler

Einen flotten Jodler schenk’ ich dir ~♪

 

 

スイスの有名なヨーデルグループ

 

Oesch’ s die Dritten の「Ich schenk’ dir einen Jodler 」という曲です。

 

 

 

 

この上記の歌詞の後の、凄まじいテクニックのヨーデルが聴きどころです。

 

ヨーデルとは、あの

 

” ヨーロレイッヒー” のやつですね。

 

 

私は色んな国の民謡も聴いてみたりもするのですが、中でもヨーデルは陽気な気持ちにさせてくれるので大好きです。

 

ファルセット(裏声)と胸声(地声)をすごい早さで交互に繰り返す独特な歌唱法のヨーデルですが、もともとはアルプス地方の牛飼いたちの仕事歌で、家畜統御や、谷の向こう側の人との情報伝達のために生まれた発声法と言われています。

 

ヨーデルの発声には仮声帯のトレーニングが重要です。

 

仮声帯とは声帯ではなく、気道の肉厚な部分の筋肉によって機能し、食べ物や飲み物が気道に入らないようにする役割があるそうです。

 

ここの筋肉がうまく扱えないと、肺に異物が混入してしまう「誤嚥性肺炎」になってしまうリスクが高くなります。

 

日本人の死因第3位といわれる肺炎ですが、厚労省によると70歳以上の肺炎患者の7割は「誤嚥性肺炎」が原因だそうです。

 

言語聴覚士の話によれば、仮声帯などの咽頭付近の筋肉を鍛えるためのトレーニングの一つに、裏声を出す練習があるのだそうです。

 

 

どうでしょう。仮声帯の重要性をわかって頂けましたでしょうか。

 

では、皆さんで仮声帯を鍛えるためにヨーデルを歌いましょう…

 

 

というわけにはいかないので、

 

 

別の角度から予防方法を考えてみましょう。

 

 

誤嚥性肺炎の悪化防止の方法の一つとして、口腔内環境をきれいにするという方法があります。

 

つまり、万が一何かしらを誤嚥してしまっても、口腔内が悪い菌が少ない状態であれば、肺の中で悪さをしないということです。

 

例えば舌の汚れ(舌苔)を除去するなども効果的です。

 

この話は実は、歯科界では有名な話なのです。

 

 

当院では皆さんが馴染みのある普通の歯ブラシの他に、さまざまなオーラルケアグッズを取り揃えております。

 

オーラルケアのプロフェッショナルの歯科衛生士にアドバイスを受けながら、お口の環境を整えてみてはいかがでしょうか。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは歯科技工士の佐藤です

先日、ノーベルバイオケアの営業担当のかたにわざわざお越しいただいてインプラント治療、埋入計画の支援ソフトというのでしょうか?DTXの取り扱いについてレクチャーしていただきました。

クリニシャンの新しいバージョンと考えていいと思います。

個別の患者さんの治療計画をインターネット経由でやり取りすることも可能でその際に問題になってくるセキュリティも特有の拡張子とキーで守られていて安全です。

コンプライアンスもキッチリしています。CDに焼いて手渡しスタイルともうまく使い分けができるといいと思いました。

埋入計画の支援ソフトは各社たくさんありますがそれぞれコンセプトがあるので

もしかしたらどれが良いというのは無いかもしれませんがしかしとてもよいソフトだと思いました。

また、新しいコンセプトのアバットメントもご紹介いただき

大変勉強になりました。スマートにプラッフォームスイッチングをしたような形状になるという理解でいいのでしょうか

ノーベルの山口さんどうもありがとうございました。

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

初づくし

こんにちは!

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の五十嵐です。

 

日曜日は、雨の予報でしたが、出かける時は降っておらず 目的地に着いたら少しずつ晴れてきました☀️早めに会場を確認できたので、待ち合わせの時間までお店に入ることにしました。

 

といっても、ひとりでお店に入るのが苦手で、はじめは木陰とベンチを探しましたが それもなく、勇気を出してカフェなるものの扉を開けました!

(大げさですね…というか、自動で扉あきましたね)

 

悩みに悩んで、スムージーを注文しました。少し緊張しているので、お腹はすいていないのですが、ついてきたトーストも食べておきました^^;

店内を見る余裕が少し出てきました。

 

いつもと違う椅子に座り、大きな窓から、風に揺れる木々や日差しの中をお散歩する家族を眺めて、ちょっと贅沢なひとときが過ごせたな、と感じました。

 

今まで、どんなにお腹がすいていても お店に入らず我慢することが多く、小休止でもリラックスできないで きましたが、これ何回か練習すれば、気軽に入れるようになるに違いない!おいしいものに出会える機会も増えるかも✨と思いました。

 

待ち合わせ時間になりました。

 

今日の勉強会は4回コースの2回目で、初回より少しだけ緊張がとけてきました。 途中のグループミーティングはZOOMで行うのですが、会場参加でない人も混ざって顔を見ながら会議✏️ができるというのはすごいなぁ…としみじみ感じました。

 

そしてグループの人(全国の歯医者さんで働いている人。さまざまな職種の人が集まっています。)とはZOOMで何回か会議をしていたので、久しぶりに会った感じがしない、またはじめて対面したのに もう何回か直接会っていたよう気がする、、不思議な感覚でした。

 

まだ文明の利器、通信の発達についていけてない私ですが、ドキドキ💓しながら新しいことに挑戦中です(^^)

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

MDCカフェにサブスク登場☆

こんにちは!

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手の諸星です。

 

今日から7月ですね✨

ちょこちょこ晴れてくれていたお天気も、予報ではここから1週間は晴れマーク無し。

いよいよ梅雨本番に入りましたね☔

雨も洗濯物や通勤・通学・お出かけのことを考えると連日はさすがに憂鬱になっちゃいますよね😣

 

さて!

そんな憂鬱な気持ちも少しでも吹き飛ばすお手伝いが出来ればと、日頃の感謝を込めて

当院併設MDCカフェにドリンク1ヶ月間定額制のサブスクプランがスタート致しました🌈✨

 

 

当院が通勤・通学の通り道にある方、お勤め先が近くにある方、お住いが近くの方、上質なコーヒーやお好きな飲み物が毎日一杯飲めるチャンスです✨

コーヒーの苦手な私ですが、早速加入してみたので濃厚ミルクティーやバナナミルクなど色々なドリンクを楽しみたいと思います🤗

 

皆様も店内でも、歩きながらでも、テイクアウトしてご自宅でも、ホッと一息時間を作ってみてはいかがでしょうか?

沢山の方の御来店、お待ちしております✨


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

生物界最多の歯の持ち主

こんにちは歯科技工士の宮林です。

梅雨ですね。近年は線状降水帯の名称で、大雨や集中豪雨を発生させたりします。

天気予報はしっかりと、見ておきましょう。

それに比べ、静かな雨に紫陽花、その葉にカタツムリ、正に梅雨の写真の情景です。

 

そのカタツムリの祖先は、海に住んでいた巻貝の仲間です。

様々な時代に上陸して、陸上の環境に適応し、多様に進化していったと考えられるそうです。

 

童謡にもあります。ツノ出せ、ヤリ出せ、頭出せ、と。

頭から大きく伸びている2本の大触覚の先端にある、ポツンとした黒いものが目です。

その下にある小触覚は、においや味を感じ取る役割があります。

よく見ると貝殻の入り口に穴が開いていて、そこで呼吸をしています。

海にいる巻貝にはありません。陸上に暮らす為に発達させたものだそうです。

 

一年で最も活発に行動するのが、6月の梅雨の時期です。

ヤリ出せのヤリは子孫繁栄のための器官です。

 

また、カタツムリの好物は、木の表面に生える藻の仲間の藻類(コケ等)です。

この藻類は木にしっかり張り付いていて、簡単には剥がせません。

しかし、口の中に驚きの秘密があります。

 

口の中から舌のようなものを出して、なめるように動かしている、そこには

白いツブツブした四角いものがあります。この1つ1つが歯です。

大きさは0.05㎜、歯の数は生物界最多の1万本以上あります。

ヤスリのような歯で、こそげ取ることができるのです。

 

いいですねぇ。1万本。ヒトの歯は乳歯20本、永久歯親知らず含め32本。

大事にして、しっかりと守っていきたいですね。

新秋津・秋津駅前まつばら歯科は、そのお手伝いをさせて頂きます。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

生活習慣病

こんばんは!

医療法人社団愛正会

新秋津秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士鈴木です!

 

先週久しぶりに家の近くでランチをしました。

「体によい食材」をコンセプトに、とてもヘルシーなランチで酵素玄米ももちもちしていて美味しかったです😃

1番美味しかったのは

「玄米スムージー」!

上にトッピングしている生クリームと中に入っているコーンフレークがよくあってお腹に優しいスイーツでした✨

 

食べたあとは運動!

まつばら歯科に併設されているジム

「BEYOND(ビヨンド)」は患者様からも好評で、実はまつばら歯科のスタッフも続々入会しております😃

興味があったら是非体験しにきてくださいね。無料で体験できますよ☀️(もうすぐ終了)

 

ヘルシーな食事と運動は、生活習慣病を予防できる大きな柱です。

 

虫歯も歯周病も生活習慣病ですが、

歯周病と大きく関わりのある糖尿病にも気を付けなければいけません。

今や糖尿病有病者と糖尿病予備軍はあわせて約2,000万人いるといわれています‥

 

糖尿病が歯周病を悪化させることはだいぶ知られてきたかと思いますが、

糖尿病になると細菌に対する抵抗力や組織の修復力の低下や口腔内の乾燥等が生じ、歯周病を悪化させます。

逆に歯周病が悪化すると、歯周病菌によりインスリンの働きが阻害され、血糖コントロールを悪くしてしまうのです‥

 

私たちは糖尿病も歯の疾患の1つと考えて、

患者様の生活、健康をサポートできるように

トータルでサポートできるよう頑張りたいと思います🎵

 

 

 


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

本日の院内ミーティング

医療法人社団  新秋津秋津駅前まつばら歯科   歯科衛生士の橘です。

本日は院をお休みを頂き、勉強会を行いました。今日は、ドクター、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、保育士と、各部所に別れ、本日もたくさんのことを学びました。

私たち、歯科衛生士は。

①新しくメニューに加わりました、歯ぐきピーリングをスタッフ同士で行い、更なる技術向上を目指しました。歯ぐきピーリングとは、メラニン色素除去療法のことで、黒ずんでしまった歯ぐきを健康的なコーラルピンクにする処置です。特殊な薬剤を歯ぐきに塗布し、歯ぐきの表面が一層剥がれて綺麗な歯ぐきになります。歯ぐきの黒ずみが気になっている方は是非、ご相談下さい。

②私たちは主に歯周病治療のために「歯石除去」をします。まず、歯ぐきの上に着いた歯石やプラークを除去します。そして、歯周ポケットの中、歯の根っこの部分に着いた歯石やプラークを除去することをSRPといいます。SRPは、歯ぐきの中の見えない歯石を探りながら除去していく繊細な治療で衛生士にとってとても大事な役割であり、毎日が勉強になります。

③最先端治療「オールオン4」について。

総入れ歯に抵抗を感じ、噛めない、発音がしにくい、外れやすい…などで困っている方へオススメしているインプラント治療です。オールオン4は、最小4本のインプラントですべての歯を支える治療法で、インプラントと人工歯が固定されているので外れることもなく、食事も美味しく召し上がることができるようになります。最近では当院でもオールオン4の治療をする患者様も増えています。私たちにできるアシスタント業務の勉強を行いました。

本日の勉強会も、すべてが、まつばら歯科に通って下さっている患者様の笑顔のため、私たちドクター、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、保育士と、日々勉強に励んでいます。

心配なことなどありましたらいつでもご相談下さいね!

明日もスタッフ一同、元気いっぱいお待ちしております。

DSC_0535

DSC_0540


日付:  カテゴリ:スタッフブログ

 

95年越しの恩返し

こんにちは。緊急事態宣言は明けたものの、この時期の気候と相まって、より閉鎖的に感じられる世の中から、どっか飛んで行ってしまいたい気分の歯科技工士佐藤玲安です。

 

 

飛んでイスタンブ〜ル〜

 

 

イスタンブールといえば最近、トルコ系の友人から

 

 

「君は、トルコと日本の友情を知るべきだ」

 

 

と、トルコの知識を植え付けられています。

 

トルコは世界随一の親日国であることは知っていましたが、その理由については考えたことがありませんでした。

 

実はそこには、時を超えた厚い友情の物語がありました。

 

 

1890年頃、日本の紀伊大島付近の海上でトルコ(当時はオスマン帝国)の船が、大型台風により遭難しました。

 

600人近くの犠牲者を出した大事故だったそうですが、当時の大島の村人の命をかけた懸命な救護活動と看病のおかげで、奇跡的に何人ものトルコ人を国に返すことができたそうです。

 

なんとこのことは、トルコの教科書にも載っているほど有名な話だそうです。

 

 

時は流れ95年後の1985年。

 

イランイラク戦争真っ只中、当時のイラク大統領がイラン上空から無差別攻撃する声明を出しました。イランには日本人もおりましたが、憲法上の問題で日本からは自衛隊を派遣できませんでした。

 

取り残された日本人は絶望しました。

 

が、

 

一国だけ、他国民である日本人の救出のために飛行機を飛ばすと手を挙げてくれた国がありました。

 

 

それがトルコです。

 

 

当時の駐日トルコ大使はただ一言、

 

 

「私たちはエルトュールル号の借りを返しただけです」

 

 

と言ったそうです。

 

 

相手を思いやる善が、また新たな善へと時を超えて繋がれたんですね。

 

 

感動した私は思わず、ケバブを食べたくなりました。

 

 

私も歯科技工士として患者様への最善を尽くすことが、自分にも別の形で還って来ると思いながら歯科技工物を作ろうと思いました。


日付:  カテゴリ:スタッフブログ