TOPへ戻る

酸蝕歯(さんしょくし)

歯科衛生士の橘です!                                     毎日、暑い日が続いていますが、体調など壊していませんか?       こんな時はさっぱりと野菜の酢漬けや柑橘類など食べることが好きなのですが、体にいいとされているものが、このお酢や柑橘は歯には気をつけなければならない食品なんです。他にも夏には欠かせない炭酸飲料やスポーツドリンクもそうです。酸蝕歯とは酸性の食品などを常用することにより溶けてしまった歯の状態です。歯をしっかり磨いているのに歯がしみるというような方は酸蝕歯の可能性も!!でも、夏の熱中症対策、体力アップのためには取り入れなければならないことも。酸蝕歯の予防にはだらだら食べはしない、酸っぱいものを食べた後にはお水やお茶を口に含ませたり、フッ素入りの歯みがき粉や洗口剤を使うと効果もあります。是非、生活週間の中に取り入れてみて下さい!

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ