TOPへ戻る

辛さでリフレッシュ

こんばんは!助手の植田です☺︎

最近は雨が続いていますね!

私は雨は嫌いではありませんが、お洗濯物が少し困ってしまいます(>_<;)

早くお日様の下で干したーい!

 

私は辛い食べ物が大好きで、特に辛いラーメンやつけ麺をよく食べます(●︎´▽︎`●︎)

今日も仕事帰りにつけ麺を食べてきました!

元々辛いのですが、さらに辛めにしてあります( •̀∀•́ )b

夏になると特に…ですが、無性に辛いものを食べたくなることがあります!

辛い食べ物を食べるとスッキリしてリフレッシュできる気がするんですよね☺︎

何故なのか調べてみたところ、辛いものを食べるとカプサイシンによってアドレナリンやエンドルフィンが分泌されるようなのです。

つまり疲れた時やリフレッシュしたい時に辛いものが食べたくなるのは理にかなっていて、脳が心地よい状態になるようなんですね!

ですが食べ過ぎるとお腹が痛くなるので程々にいたします:( ˙꒳​˙ ;):笑

 

そういえば、甘い物が歯にしみる…という患者様がよくいらっしゃいます。

何故甘い食べ物が歯にしみるのか、皆様はご存知でしょうか?

理由の1つは浸透圧の差が原因です。

歯は、エナメル質という硬い殻に覆われていて、その内側に象牙質があります。そしてその内部には歯の神経や血管が入っている歯髄腔があります。

すでに虫歯などで歯に穴が空いていたり、歯の詰め物等が合わなくなりして接着剤が溶けだしたりしていると象牙質や象牙細管(神経に直接繋がっている空洞のある組織)が露出した状態になってしまいます。

この管の中の髄液が甘いもの(甘い物を食べて唾液で糖分が溶けた状態)に触れて両方の浸透圧の差(砂糖水の方が浸透圧が高いのです)で髄液が吸い出されて、その水分の移動をしみるような痛みとして感じるのです。

 

つまり甘い物がしみる時は虫歯になっている可能性があります!

詰め物をされていて甘い物がしみるかたは詰め物が合っていなくて二次的な虫歯になっているかも知れません!

「これくらいの痛みならまだ耐えられるから…」

と我慢や放置をせずに、しみる症状のある方は歯科を受診してくださいね!

まつばら歯科では合わなくなった詰め物や被せ物の作り直しもいたします☺︎

ドクター、スタッフ一同丁寧な説明と治療で対応致しますので、是非ご相談、治療にお越しください(* ‘ᵕ’ )

そして、辛いものも甘いものも!

美味しいものを食べたらしっかりと歯を磨きましょう☺︎

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ