TOPへ戻る

気圧性歯痛

歯科衛生士の橘です。

梅雨ですね!じめじめして、暑かったり、寒かったりと体調も崩しやすいので風邪などに気をつけて下さいね!

梅雨の時期になると、天気予報でも気圧の話をよく耳にします。この気圧と歯痛には関係があるんです。

歯の内部には、歯髄腔とよばれる神経が入っている空洞があります。歯髄腔は、普段は外の気圧と等しい圧に保たれています。しかし、短時間で外の気圧が下がると、お菓子の袋と同じように、歯髄腔もパンパンに腫れて、歯の神経を圧迫します。そして、一時的に歯が痛くなることがあります。これを、「気圧性歯痛」といいます。虫歯があったり、治療中の歯などに起こりやすいといわれています。

もし、気圧の関係で歯が痛くなったり、虫歯があるのに、歯医者さんにまだ行っていない方は早めに受診をおすすめします。

梅雨が終われば夏です!私の大好きな、お祭り、ビール、かき氷…上げればきりがありませんが、美味しいものを食べるために、虫歯がなくても検診をして、予防をしていきましょう!

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ