TOPへ戻る

歯間ケア②

こんにちは!

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科助手兼受付の星野です。

 

最近は朝晩寒く昼間が暖かい日や、朝から晩まで寒い日と、毎日洋服選びに悩んでしまいますね👚

 

本日は前回のブログの続きで、デンタルフロスと歯間ブラシの種類についてです。

 

デンタルフロスは、ホルダータイプと糸巻きタイプがございます。

ホルダータイプ🦯⇒ホルダーがついており操作しやすく、初めての人でも使いやすいです。糸巻きタイプのように切る手間が無く、習慣化しやすいですが、持ち手がある分、フロスが届きにくい部分がございます。下の前歯が清掃しやすいF字型🏁と、上の前歯、奥歯が清掃しやすいY字型🥂に分かれています。

糸巻きタイプ🧵⇒必要な長さを使用でき、歯を全体的に清掃しやすいです。初めて使用される人は、慣れるまでに時間が掛かる場合がございます。ワックスタイプ、ノンワックスタイプ、エクスバンドタイプに分かれており、(1)初めて使用される人は、ロウで滑りを良くしてあるワックスタイプ🕯️(2)慣れてきたら、汚れが取れやすいノンワックスタイプ🌬️🕯️(3)最も良いのが、摩擦や唾液でスポンジのように膨らむエクスバンドタイプ🧽がオススメです。

ワックスフロス
(初めての人にオススメ)

フロアフロス
(384本の繊維が摩擦や唾液で広がります)

 

歯間ブラシは、ゴムタイプとナイロンタイプがございます。

ゴムタイプ🎈⇒ゴム製ですので柔らかく、初めての人でも使いやすいですが、劣化しやすく、折れやすいです。全体(特に奥歯)が清掃しやすいL字型🛴と、前歯が清掃しやすいI字型🗼に分かれています。

ナイロンタイプ🔗⇒歯垢除去力が高く、長持ちしますが、力を入れ過ぎると、歯茎を傷つけてしまう恐れがございます。様々なサイズがあり、特に狭い歯間部に適しているのが4S~SSサイズ☘️、歯並びの悪い人や、歯茎の下がっている人に適しているのがSサイズ🍀、ブリッジ周辺に適しているのがMサイズ🌳、広い歯間部や、歯根が露出している人に適しているのがLサイズ🌲です。

歯間ブラシ
(4S~Lサイズまでございます)

 

様々な種類がございますが、習慣化できるかが大切です。歯には個人差がありますので、どのタイプを使用されるかお悩みでしたら、ご相談頂ければ幸いです☺️

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ