TOPへ戻る

歯の冷凍保存

こんばんは!
歯科衛生士の鈴木です。

先日、ある中学生と話をしていたとき。
矯正を始めたと言うことで、最初は痛くてご飯が食べられなかったけどすぐなれた…など、そうそう最初はそうみたいだよねなど話しをしていました。 
そして、歯を4本抜いたとのことで歯をもって帰って冷凍庫に保存していると言いました。
???!!「何で??」
と聞くと、冷凍保存しておくと将来歯が必要になった時使えるらしいからと…。
「それ自分の冷凍庫??」
何度も聞き直しましたが、真顔で「うん」と。

一瞬、そんな最新情報があるのか?!と真に受けてしまいましたが、職場の衛生士さんたちに聞いてみたら、
「ないないない…」
ですよね(^_^;)

ここ最近は再生医療の分野が進んでいるかと思いますが、抜歯した歯も保存できるようになっているようですね。
テレビなどでみたことがあるかもしれません。
ただし自宅の冷凍庫では保存は不可能で(^-^;
専門機関や大学病院などで冷凍保存できるティースバンクというものがあるようです。(マイナス170℃くらい?!)

矯正や親知らずの抜歯をされない限りきれいな歯を抜くことはないので、一般的ではないかもしれませんが、大切な歯を保存できるというのはとても嬉しいことですね!

ただ私たちの歯は、歳とともに抜けていくものではなく、一生使えるためにあるものですので、一生ものの大切な歯を守っていくことって本当に大切だなとつくづく思いました。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ