TOPへ戻る

子どもも歯周病に??

こんにちは 助手のうえはらです(*^^*)

急に寒くなりましたね、暖かくして風邪予防もしっかりとして体調崩さないように気をつけていかなければ、と思って手洗い、うがいをしっかりするようにしています。

今日は歯周病のことをお伝えしたいと思います。歯周病は、ある程度大人になってからなるものだと思っていましたが、、

う蝕と同様、歯周病菌も唾液から感染します。
歯周病菌に感染した人の唾液が子どもの口に入ると歯周病菌がうつります。
しかしう蝕と違うのは感染する年齢です。
う蝕菌は1歳半から子どもにうつりはじめますが、歯周病菌はそうではありません。
病原性の低い歯周病菌は小学校入学前にうつります。
おそらく家族の唾液からです。
小学校高学年までに中程度の病原性を持つ菌が口に住み着きます。
おそらく家族、又は家族以外の唾液から。
そしてもっとも病原性の高い歯周病菌に感染する年齢は18歳以降と言われています。
18歳以降の唾液感染の原因は家族よりもパートナー、恋人あるいは配偶者とされています。

またペットから感染することもあります。ひとの歯周病菌に加え、ペット独自の歯周病菌が感染しています。
ペットの歯周病菌はヒトにもうつります。

歯周病菌の感染予防には、人生を通じて他人の唾液が自分の口の中に入らないように注意を怠らないことが必要です。

子どもの頃から感染するとは思ってもいませんでした。
間違った思い込みも多いのでこういった知識を増やしていき、今後に役立てていこうと思います。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ