TOPへ戻る

妊婦さん

こんにちは。歯科助手の小山です。

今日は妊婦さんについてのお話です。

妊娠中に歯茎が腫れて痛いと受診される患者様が多くいらっしゃいます。

妊娠中に多い歯の病気

① 虫歯

妊娠中は虫歯が発生しやすい。

②歯性中心感染症

心臓病、リウマチなど歯の慢性の化膿性炎症から起こることがあります。

③歯槽膿漏

妊娠性歯肉と重なると進行が早くなりやすい。

よく「お腹の赤ちゃんに栄養をとられて、歯がボロボロになった。」と聞く事がありますが、実際にはそんな事はありません。妊娠中はつわりのせいで、歯を磨こうとすると気持ちが悪くなり、歯ブラシを口に入れることが難しくなり、虫歯や歯周病になってしまう方が多いのです。

また歯周病菌には色々な種類があって女性ホルモン(エストロゲン)が大好きな細菌がいます。妊娠中は女性ホルモンの値が高くなりますので歯茎の炎症が起こりやすくなります。

妊娠中に歯茎が腫れるなどの症状がありましたら、ためらわずに受診をお勧めいたします。また産後は、育児で受診が遠のきがちになります。予防の観点からも、妊娠中期を過ぎたら歯科検診をお勧めいたします。

お口の中を健康にして栄養を沢山とって元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ