TOPへ戻る

地球生命のルーツ

こんにちは歯科技工士の宮林です。

本日9月13日は中秋の名月です。

夜11時過ぎですが、煌々とほぼ真上に輝いていました。

言葉だけを聞くだけでも「秋」を強く感じますが、良かったです。

子供の頃に、ススキとお団子をお供えしていました。

今ではしていませんが、だんだん忘れさられてしまうんでしょうか。

BS-NHKでのお話です。地球生命のルーツについて書きます。

地球誕生から46億年。現代地球の生物3000万種程存在します。

太陽系の地球誕生は、マグマに覆われていたため、生命はおろか

材料さえ無かったようです。

「すべての生命は炭素のつながり」でできている。

生命の誕生は地球の内部から材料となる物質が湧き出し、熱い水中「温泉」で

炭素のつながりが生まれたと考えられていましたが、研究が進むにつれて、

材料となる物質は少なく、生命のルーツには程遠いことが分かってきました。

それではその炭素がどこから供給されたのか、大きな謎となりました。

2012年アメリカに落ちた隕石の分析結果から、炭素の長いつながりをもった

黒石が見つかりました。この隕石と小惑星リュウグウとが同じ色の成分、炭素を

多く含むなど特徴が似ていたそうです。

2014年12月に打ち上げられた「はやぶさ2」、地球から3億㎞離れた小惑星

リュウグウの地下内部の星のかけらを手に入れて、来年末に帰還します。

世界の科学者たちが待ち望んでいます。場合よっては教科書が変わってしまうかもしれません。私達は宇宙から来たと。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ