TOPへ戻る

原材料は何ですか?

こんにちは

医療法人社団 愛正会

新秋津・秋津駅前まつばら歯科

歯科衛生士の五十嵐です。

 

先日の患者さんとの会話です。お子さんが、チョコレートが、好きで…という話題だったのですが、1つずつ透明のセロファンに包まれたチョコレートをおやつにあげる、ということでした。私もチョコレートが好きで、でもおやつでは買ってもらえなくて、お小遣いはチョコレート代に消えた記憶です。

 

今は、カカオの含有量の多い、あまり甘くないチョコレートも好きで、自分のおやつに買っています。

 

パッケージの裏側には、カロリーやタンパク質など表示されています。

  1. 購入ポイントは原材料名
  2. 食べる時、カロリーと炭水化物チェック。でもカロリーは、あまり気にしていません。

 

原材料は、多い順に表示することになっているそうです。

カカオマスが多ければ、ポリフェノールを摂取している、と言い訳できます。(おやつを食べるのに、言い訳必要ないですね…)

 

はじめに、「砂糖」と書いてあれば、砂糖菓子という認識です。

 

お母さんには、今度パッケージの裏側を見てみてくださいね💕とお話しました。

 

 

砂糖が入っていると味はいいですし、日持ちもします。私はお砂糖の力は偉大だと思っています。でも虫歯のバイ菌も糖が大好きなので、砂糖や、代替えの甘味料には気をつけていただくように、お話しました。

 

おうち時間が長いと甘いものに限らず、お口に何か入れる機会が増えてしまいます。これが最も危険なムシバ因子になります。お子さんに限らず、虫歯にならないように、おやつの量や食べ方(ダラダラ食べない)などは、気をつけてくださいね(^^)

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ