TOPへ戻る

入れ歯のお手入れ

こんにちは、技工士の宮林です。
今回は、入れ歯(義歯)のお手入れの話しをしたいと思います。
入れ歯は複雑な形をしています。
清掃するときは、落としても、こわれないように洗面器に水を溜めて、洗って下さい。人工歯やピンクのプラスチック部分はやわらかめの歯ブラシ(義歯用もあります)で、金具(バネ)の内側など、歯ブラシが届かない所は、綿棒など使用して下さい。
入れ歯は熱に弱いので、熱湯消毒はやめてください。
就寝前には、よく洗って、洗浄剤に浸けて下さい。
最近、入れ歯安定剤を使用されている方もいらっしゃると思います。これもしっかり洗い流して下さい。
どんな洗浄剤を使用して良いかわからない時は、洗浄剤の箱に中性と書かれている物を、お使い下さい。
当院ではキラリという洗浄剤をおすすめしています。
洗浄剤(液)から取り出し、お口に入れる前には、必ず水でよく洗い流して下さい。
長くお使いの方で、汚れが目立つ入れ歯は、当院にご相談ください。クリーニング代は有料になります。
又、入れ歯が割れてしまったり、バネが折れてしまった場合は、ご自分で接着剤などを使って修理せず、そのままお持ち下さい。
入れ歯の事でお悩みの方、ぜひ新秋津、秋津駅前まつばら歯科にご相談下さい。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ