TOPへ戻る

デンチャープラーク

こんばんは!歯科衛生士の室田です。

皆さん、「デンチャープラーク」ってご存知ですか?

デンチャープラークとは、入れ歯(義歯)に付いたプラーク(歯垢)のことです。

入れ歯にも、歯と同じ様に細菌が作り出すプラークがこびり付きます。しっかり、清掃しないと・・・下の写真のように入れ歯の内側や金具の部分、人工歯にも べったりとプラークや歯石が付いてしまいます。洗浄液に漬けているから大丈夫とお思いになるかも知れませんが、それでは こびり付いたプラークや歯石は取れないのです。


プラークは入れ歯専用の歯ブラシで取り。歯石は歯科医院で取ってもらうようにしましょう。プラークの中には無数の細菌やカビが繫殖して 義歯性口内炎や口臭、誤嚥性肺炎などを引き起こす原因になります。今は口腔内の汚れが全身の病気に関係してるとまで言われています。そのままにしないで下さいね。

また、せっかくご自身の歯を一生懸命磨いても 使ってる入れ歯が汚れていると その汚れがキレイにした歯に付いてしまいます。今使っている入れ歯にプラークや歯石が付いてないか見てみましょう。また ご家族で入れ歯を使っている人がいれば教えてあげて下さい。

当医院でも 入れ歯にこびり付いた汚れを落とすメニューがあります。詳しい事はスタッフにお尋ねください。

 

 

 

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ