TOPへ戻る

むせる

こんにちは歯科技工士の宮林です。

すこしづつですが、寒くなってきました。暦の上では立冬(11月7日)で、冬の始まりです。むかしは月の満ち欠けを基準にした暦と、いまは地球が太陽を一回りする暦で、若干のずれが生じています。もう冬は、ちょっと早い気がしますね。

これから寒さがきびしくなる事で、風邪やインフルエンザが忍び寄ります。

最近の私の話ですが、食べ物や飲み物が喉につまる「むせる」という状態が、やや多くなりました。これは「摂食誤嚥」なる名称で、直接肺炎になるわけではありませんが、無関係ではないそうです。

「誤嚥性肺炎」は冬に一番多いそうです。風邪やインフルエンザで、全身が消耗・弛緩していると、嚥下機能が低下し、「誤嚥性肺炎」になるケースが多くなるそうです。

もっとも昼はまだ咳をして、出せば良いですが、睡眠中は咳ができないので、夜間に進行する事の方が多いそうです。

全部ではありませんが、「誤嚥性肺炎」にならないために、喉を鍛えるのも重要ですが、雑菌を減らすための、歯みがきなどの、口腔ケアも、とても大事です。風邪の予防には、外から帰ったら、洗浄剤でうがいを忘れずにしてください。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ