TOPへ戻る

こんにちは 歯科技工士の佐藤です

最近、歯のお話をしていなかったので歯に関することのおはなしをしたいと思います。

とは言っても今日は仮歯についてです。

 

主に役割は3つです

a.細菌感染やプラーク、物理的な刺激から歯を守る

b両隣の歯や処置した歯が動かないように支えとなる

cある程度噛む刺激を歯根膜(センサーの役割)に伝えて衰えさせないまたは過敏にならないようにする。

 

aに関しては読んで字のごとくのままです。

bのについては歯が動いてしまうと最終的な完成物が残念ながらはいらないこともあります、また仮歯をいれていても噛み合わせなどで歯が動いてしまい完成物が入らないことも稀にあります、長期間すぎても同様です。

 

cについては仮歯をいれていないと完成物の噛み合わせを調整するさいに感覚が過剰に反応してしまうリスクがあります。

 

前歯だけでいうと仮歯で完成物の最終的な形を患者さんと相談したりするために使うこともあります。

 

仮歯とはいえ次のステップに進むための大切なものであることがお分かりいただけたかと思います。

 

仮歯は取り外す際に負荷がかかりすぎないように弱い接着剤を使用していますので粘性の高い食べ物や固い食べ物は極力避けていただくことをお薦めします。

もし仮歯が外れてしまったら、なくさないように管理していただき当院にご連絡ください。

また割れてしまった場合のは割れたことをお知らせください。

 

ケアするときはフロスや爪楊枝でのお掃除はさけていただき、丁寧な歯磨きでご対応くださいね。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ