TOPへ戻る

こんにちは歯科技工士の佐藤です

以前に歯科で一般に応用されている材料のご紹介をいたしました
今回は続いてガラスのアートをご紹介いたします
DSC_0005
ガラスのコップっを用意しましたそれに保育士さんからいただいたシールを貼りますDSC_0007
そこにサンドブラスト(固い粒子を吹き付ける作業)をします。
通常は接着させる面に前処理としてサンドブラスト処理をおこないますがDSC_0009
シールの周りに吹き付けるとシールがマスキングの役目をしますDSC_0011
シールを剥がすとこうなります
曇りガラス、すりガラスなどいろいろな呼び方がありますが、じつは小さなキズなんですねー
キズの部分が乱反射してこのように見えます
いろいろな技術をや理論を習得していくと次第に応用が利くようになります
またの機会に別のものを紹介させていただきますね。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ