TOPへ戻る

こんにちは 歯科技工士の佐藤です

S__4546596S__4546595S__4546594S__4546593S__4546597
8/20日曜日に所属スタディグループの定例講演会がありました。前半は僕が卒業したセラミックの学校のコースに新設されたエピテーゼコースの先生によるエピテーゼによるQOLの向上とそのコミュニケーションについて
後半はセファロ分析を用いた全顎的なインプラント治療をテーマに最近紙面を賑わす先生のお話でした
後半の内容はブログではちょっとお伝えしづらいので前半のエピテーゼについてお話します
現状としてはエピテーゼという言葉の定義自体、先生はしっくりきていないそうでです、まだまだ未開のジャンルのようです。(今後、免許や資格が必要になるかもしれませんので興味があるかたはは急いだ方がいいかもしれません)
義手や義足とは少し違い機能を追求するのではなく、あくまで見た目を回復することに重きを置く考えかたのようです。歯科技工士がこの分野で働くことがよくあるのは、職業の志望動機がにていることもあるとおもいますが作業工程や材料が似ていることも少しあると思います。
写真であげた義眼などはちょっとやってみたいと思ってしまいましたw
メインの仕事は乳がんなどで乳房を切除された患者さんの乳房の回復だそうです
Tシャツを着て出かけたい、娘さんと公衆浴場に行きたいなど思いは様々ですが僕たち歯科技工士も患者さんの思いに少しでも寄り添えたらと思いました。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ