TOPへ戻る

こんにちは 歯科技工士の佐藤です

imag1910
今日、先生との咬合(かみ合わせ)会話のなかで自分の用語の定義があいまいだったので久しぶりに本を広げました。
間違えてはいないが不足がありましたorz
やはり振り返りも必要だなと感じました
ページを進めると食いしばりや歯ぎしりの項があり、思い出した画像がスマホにあったのでアップします
ブロク用に短くしたものです


これはマウスにストレスを与えると歯ぎしりをはじめ、歯ぎしりをするたびに脳の緊張状態が解放されて一瞬リラックスする状態を繰り返しているものです
imag1911
もちろん諸説ありますが歯ぎしりは脳の面からみると不要とは言い切れないということです
しかしながら歯科の面からみると食いしばりや歯ぎしりは歯や顎をいためる原因としてあつかわれています
新秋津・秋津駅前まつばら歯科ではソフトタイプ以外にもハードタイプでセミカスタム可能なマウスピースを
ご用意しています、気になる方はお気軽にどうぞ
といいたいのですが音が発生しないブラキシズム(歯ぎしりの)ほうが多く無自覚の場合がほとんどとなります
のでまず疑ってみるというのはいかがでしょうか?

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ