TOPへ戻る

ホワイトニング

歯の黄ばみはホワイトニングで解決

「こんなに黄色い歯じゃなかったのに……」
「白い歯の人がうらやましい……」

とお悩みの方、ホワイトニングで白い歯を取り戻しませんか? 

ホワイトニングは薬剤をつかって歯を白く美しくする処置。薬剤は身体に安全なものを使用するため、安心です。

結婚式や就職活動など、大切なイベントの前に。あなたもホワイトニングで自分の笑顔に自身を持ちましょう!

歯が黄ばむ原因

加齢

歯の内側の象牙質はもともと黄色みをおびていますが、加齢によって強さを増します。また表面のエナメル質が徐々に削られて薄くなり、象牙質がすけて黄ばんで見えてきます。

飲食物

コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー、ケチャップなど、日々摂取する飲食物の強い色素が、歯を徐々に着色していきます。

タバコ

タバコのヤニが歯にはりつき、歯を黄ばませます。

むし歯

むし歯を放置すると、歯は少しずつ黄ばむことがあります。また悪化して神経をとると、歯は変色していきます。

抗生物質

テトラサイクリンという抗生物質を長期的に飲んでいたという方は、歯が黄ばんでいることがあります。これは妊婦が服用すると、胎児の歯も黄ばんでしまうという報告もあります。

ホワイトニングが受けられない方

残念ながら次のことに当てはまる方は、ホワイトニングをお受けいただくことができない、もしくは、受けても効果がありませんのでご注意ください。

むし歯・歯周病にかかっている方

先にそちらの治療を済ませてからお受けください。

妊娠中の方

ホワイトニングには薬剤を使用するため、妊娠中はお控えください。

詰めもの・被せものを白くしたい方

ホワイトニングでは人工歯を白くすることはできません。新しいものにお取り替えください。

変色がとても強い方

歯が強い変色を起こしている場合には、白くならないことがあります。

神経のない歯を白くしたい方

ホワイトニングでは、神経のない歯を白くすることはできません。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、オフィスとホームの2種類があります。その中でも当院ではホームホワイトニングをオススメしています。

ホームホワイトニング ~長持ちさせたい方にオススメ~

歯型を採ってつくったマウスピースに低濃度の薬剤を入れ、ご自宅で毎日一定時間装着して歯を白くしていく方法。
メリット
  • 効果が長続きする
  • 低濃度の薬剤で刺激が少ない
  • 通院回数が少ない
  • 自分のペースで行える
デメリット
  • 効果が現れるのに日数が必要
  • 毎日続ける必要がある
  • 処置前のクリーニングを自分でする必要がある