TOPへ戻る

インプラント

まつばら歯科のインプラント治療の特徴

CTスキャン、シミュレーションシステム、サージカルガイドを使用した安心安全のインプラント治療
大学病院レベル。無影灯完備のオペ室での高度インプラント治療
・骨が少なく、他医院でインプラントは難しいと言われた方も、骨を増やす治療でインプラントが可能です
・インプラントにはたくさんのメリットもありますが、インプラントが全てではありません。入れ歯、ブリッジもあわせて、患者さんの希望に最大限沿える治療を行います。

歯が抜けてそのままにしないで下さい

むし歯や歯周病の悪化、また突然の事故などによって、人は歯を失ってしまうことがあります。失ってしまったのが表から見える部分の場合、すぐに治療をして機能を回復させる方が多いのですが、奥歯など、人から見えない部分の場合には、放っておく方も少なくありません。

歯が抜けた後 時間経過に伴いバランスが崩れます

しかし、お口は見た目がよければいいというものではなく、全体のバランスが整って初めて正しく機能するもの。
1本の歯を失っただけで、まわりの歯まで不安定になってしまうこともあるのです。
歯を失ったら放置せず、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。

インプラント治療とブリッジ、入れ歯の比較

患者さんのご希望を踏まえ、生活習慣、咬み合わせの状況、全身状態その他医学的な見地を考慮した上で、失った歯の機能をどう回復するか治療計画を立案します。
一方的にお勧めすることはございませんのでご安心下さい。

インプラント治療が全てではありません。

入れ歯治療について詳しく見る

 

自分の歯のように咬めるインプラント

失ってしまった歯を取り戻す治療として、近年急速に広まりつつあるのがインプラント治療。歯があった場所の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込んで、その上部に人工歯を装着して咬む機能を回復します。

生体親和性の高いチタンは身体にやさしく、顎の骨と強く結合する構造。そのため、まるで自分の歯のような自然な咬み心地を取り戻すことができます。さらに、人工歯はまわりの歯の色に合わせてセラミックでつくられるため、見た目もとても自然です。

当院ではインプラント治療を、在籍するインプラント認証医が担当します。まずは一度お気軽にご相談ください。

インプラント メリット・デメリット

何らかの原因によって歯を喪失したところに、天然歯と同じように使える人工の根を骨の中に埋め込んで土台を作り、 その上に人工の歯を装着する治療法です。

インプラントのメリット
  • 見た目に自然で、美容にも効果的です
  • 人工の歯が骨と馴染み、違和感がなく、骨の中にしっかりと固定されるため、ガタついたりしません
  • 入れ歯治療やブリッジ治療と異なり、口の中に不快感が残ったり、話がしにくいことがありません
  • 天然の歯の約80%程度の噛む力が戻り、固い食べ物もおいしく食べられます
  • ブリッジ治療と異なり、周りの歯を傷つけません
インプラントのデメリット
  • 保険制度がないため、自由診療となる分費用がかかります
  • 全身疾患のある方や妊娠中の方など、治療に制限される場合があります
  • 上顎で7~8ヶ月、下顎で3~5ヶ月程度の、長期間の治療が必要になります

欧米人と日本人では骨格が違うように、顎の形態、大きさ、厚みが全然違います。
日本人には日本人にあったインプラントを使用する必要があり、 当医院では世界でも高い評価の純国産のインプラントを使用しております。

歯科用CTを利用した診断

より安全なインプラント治療の実現

歯科用CTを利用して安心・安全なインプラント治療を行っております。

コンピューターシュミレーション
診断・治療計画

撮影したCTデータをインプラントシミュレーションソフトに取り込み、患者さま毎のあごの骨の硬さや形、神経の位置などをより詳細に確認しながら、診断することが可能です。

サージカルガイドシステム
手術

手術の際には診断した結果をもとにインプラントを精度高く埋入できるようサポートする手術支援器具「サージカルガイド」を作製します。
より安心・安全な手術を実現するとともに手術時間を短縮し、患者さまの負担も軽減します。

 歯科用CTについて詳しく見る


こういう方にはインプラントがおすすめです

次のことに当てはまる方には、インプラントをオススメします。

入れ歯が合わないことで、食事が楽しめなくなった方

満足する入れ歯ができず、何度もつくり直している方

部分入れ歯・ブリッジによって、支えにしていた歯が弱ってしまった方

入れ歯・ブリッジをつかっていて、顎の骨がやせてきてしまった方

自然な口もとで、若々しさを保ちたい方

ブリッジのために健康な歯を削るのがイヤだという方

つまりインプラント治療は、これらのお悩みを解決できる治療といえます。食生活を楽しみ、若さを保っていくために、インプラント治療を検討してみませんか?

インプラント治療の流れ

歯ぐきの切開

歯ぐきを切開して、インプラントを埋め込む部分の顎の骨を見えるようにします。

ドリリング

専用のドリルを用いて、顎の骨にインプラント用の穴をあけます。

インプラント埋入

インプラントを埋め込みます。

治癒期間

インプラントの頭部を歯ぐきで覆って縫合します。その後傷口が治癒し、インプラントが骨に結合するまで期間をおきます。

アバットメント装着

インプラントと顎の骨が結合するのを待って再び歯ぐきを切開し、インプラント頭部にアバットメント(人工歯との接続部分)を装着します。

人工歯の装着

歯ぐきを再び戻して治癒を待った後、人工歯を装着します。インプラントにはメンテナンスが重要ですので、きちんと受け続けるようにしましょう。

骨が少ないと言われた方へ

インプラントは骨がなければ立てることができません。家を建てる時に基礎工事が必要なように、インプラント手術にも基礎工事が必要な場合があります。これが、上顎洞挙上手術、歯槽骨形成手術とよばれるものです。

上顎洞挙上手術 - 上の顎に対する手術

上顎洞挙上手術には側方アプローチ法と歯槽頂アプローチ法があります。上顎洞底部に骨を移植、造成する方法です。どちらの方法で行うかは、残っている骨の量で決まります。

この手術を行うことにより長期的に安定したかみ合わせを保つことができます。

【欠点】手術侵襲が大きいこと。治療期間の延長。感染の危険などが考えられます。
移植した骨は、しっかりとした骨になるまで、およそ半年かかります。 上顎洞挙上手術は上顎に行う手術方法です。

歯周組織再生治療

インプラントは感覚器を持たない人工歯根です。この感覚器がないということが天然の歯と異なる大きな特徴です。歯茎にとっては異物でしかないのです。

そのインプラントを口の中で長期に機能させるためには、歯周組織の治療メンテナンスがとても大切になります。インプラントの埋入手術の前提として、骨の再生を図ったり、歯ぐきの再生を図る、歯周組織再生治療がインプラント治療には必須であると考えています。

歯周組織再生治療法には、インプラントを植立する前に骨の増大をはかる方法と、インプラント埋入手術と同時に再生治療を行う方法があります。

前者の方法は歯肉の中に骨の再生を促す膜を入れます。およそ、4~8ヶ月間、骨が成熟するのを待ちます。膜を除去するとインプラントに適した骨様組織が再生されています。

そこにインプラントの植立を行います。この方法は治療期間が長くなりますが、もともと大きく骨の幅がない人などはこの方法を行ってからインプラント埋入手術を行う方が確実です。

無理な状態でインプラントを行ったとしても長期的な良い結果は期待できません。後者はインプラントを行うには骨が少ないが術前法をするほどでもない場合に適応します。

インプラントを植立すると同時に歯周組織再生治療をします。3~6ヶ月後に膜の除去とインプラントの上部構造の製作を行います。