TOPへ戻る

院内感染予防への取組み

衛生的な除菌水を利用した治療

院内すべての給水管内に『ポセイドン』の除菌水が行き渡っているため衛生的

当院では、患者様に安心して治療を受けていただけますように、治療に使う『お水』をキレイにする、
歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」を使って、いつでも『キレイなお水』で、治療しています。

ポセイドンってどんなシステム??

人と自然に優しい電解中性機能水を歯科ユニットや医院全体に通水させることにより医院の水配管内の細菌などの繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保つためのシステムで、
バイキンを殺菌し、さらには歯周病の治療にも効果があるシステムです。

当院では、この殺菌水をトイレにも流し、清潔な環境を整えています。

水道水を除菌する原理
『お水』をキレイにしている成分が『中性電解機能水』

水道水に含まれる“塩素イオン”が電気分解され、塩素に変化、そのまま「水」と混ざりあって、「残留塩素」に変化し、「中性電解機能水」となります。

治療用ユニットに付着する汚れとは

歯科で使われる治療用チェアの給水管の汚染は、1960年代から報告され、問題視されてきました。

治療環境の衛生管理に厳しい米国においては、既に1990年代に、歯科治療に用いる水に含まれる『従属栄養細菌数』について、以下のように基準を定めています。

•ADA(米国歯科医師会): 200 CFU/ml 以下
•CDC(米国疾病管理センター): 500 CFU/ml 以下

衛生的な治療環境整備の遅れている日本では、平成19年にようやく、「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌が追加されることとなりました。その目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000 CFU以下(暫定)」となっています。

当院で導入している「ポセイドン」は、ADA・CDC いずれの基準もクリアしております。

こんなに汚れていることもあるんです。

皆さんも、治療用チェアで、治療の合間にお口をゆすぐことがあると思いますが、出てくる水がこんなに汚れていることもあるんです。

これは、給水管の汚れが原因で起こる現象ですが、当院では「ポセイドン」を導入して常に清潔かつ、バイキンの殺菌効果と歯周病治療の効果のあるお水を供給しています。

 

衛生的なお水は国立病院でも利用されています。

『ポセイドン」は、国立大学附属病院(歯科)の手術室でも使われているそうです。

 

清潔な院内環境を保つための設備

空気清浄機

PM2.5対応、加湿空気清浄機で、院内の粉塵・微小な粒子を吸引して衛生的な空間を保ちます。

 

滅菌設備

高圧蒸気滅菌器(スパクレーブAC-E)。

患者さんごとに使用する治療機器を高圧な蒸気で滅菌する装置です。