TOPへ戻る

症例集

審美歯科

プレスセラミックに低温陶材を築盛したラミネートベニアタイプ

Before After
来院の理由

20代 女性
他院にて装着したラミネートベニアの脱離により来院

 

治療の流れ

① 測色

歯の色を測定します。

 

② 比色用に擬似模型を作成

歯の色をチェックします。


③ 仮付け

来院が可能だったため着色前に試適を行い適合確認形態についてディスカッションした結果、
上顎①②間の下部鼓形空隙を可及的に埋めてブラックトライアングルが出現しないよう形態修正を行いました。


④ 完成

下部鼓形空隙と歯頸部のわずかなレスカントゥアーを修正しセットしました。