TOPへ戻る

虫歯予防の歯磨き剤

歯科技工士の山中です。
今日は高濃度フッ化物配合の歯磨き剤についてお話します。
フッ素(フッ化物)の働きとして「歯垢の細菌の活動を抑え虫歯の原因となる酸が作られるのを抑制する」「歯質を強化する」また、初期虫歯を健康な状態に戻す再石灰化作用を促進できることがわかっています。
予防歯科先進国スウェーデンをはじめ諸外国では歯磨き剤に配合されるフッ素は1500ppmを上限としていますが、日本で1500ppmを上限と認められたのは昨年の3月で、それまでは1000ppmまでとされていました。1000ppm以上の高濃度フッ素配合の歯磨き剤が発売できるようになったのは最近のことなのですね。
私は夜用の歯磨き剤として、こちらの高濃度フッ化物配合の歯磨き剤を使いはじめました。低発泡で歯に優しい低研磨性、味もマイルドでおすすめです。歯磨きのコツとして、しっかりすすぎすぎないのがよいそうです。いくつか軽い虫歯があるので、進行がおさまるといいなと期待しています。

DSC_0057

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ