TOPへ戻る

歯ぎしりについて

こんにちは!助手の江戸です\( ö )/
今日は歯ぎしりについてお話しします。
.
現在、日本人の約7割の人が歯ぎしりをしていると言われています。『歯ぎしり』と聞くと寝ている時にするものと思われがちですが、実は起きている時にしている人も少なからずいらっしゃるそうです。しかも音のない歯ぎしりをする方もいるそうなので自分では気づきにくいですね…。
.
歯ぎしりには3種類あります。
.
①グラインディング
最もたくさんの人に見られるものでギリギリと擦り合わせ、周りの人に気付いてもらいやすい歯ぎしりです。上下の歯を強く噛んだ状態で横に擦り合わせるので歯が削れ、平らになってしまう特徴があます。
.
②クレンチング
上下の歯をグッと強い力で噛みしめる歯ぎしりです。「食いしばり」と呼ばれるものですね。音が出ないため自分で自覚している人はほとんどいないと言われています。
.
③タッピング
上下の歯をかちかちかちと噛み合わせるもので、比較的頻度の少ないタイプの歯ぎしりです。
.
歯ぎしりをすると
●歯が削れる●噛むと歯が痛む●詰め物が取れる・割れる●歯が割れる など、さまざまなリスクを伴います。また、頭痛の原因にもなります。
もう使ってる方もいらっしゃると思いますが、歯ぎしりの予防にはやはり『マウスピース』が効果的です!
歯の型取りをして自分のお口に合ったマウスピースを作ることで、歯に負担をかけずに歯ぎしりを予防することができます。
歯に負担をかけてしまう前にマウスピースを使うことをオススメします(*´O`*)気になる方は是非お気軽にスタッフにお尋ねください♩

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ