TOPへ戻る

タバコの害について

こんばんは!歯科衛生士の鈴木です。

先日の院内ミーティングでタバコの害について、スタッフと勉強しました。

タバコはお口にも悪い影響を及ぼしていることをご存知でしょうか??

まず虫歯は特に若い世代、受動喫煙(ご両親が喫煙している煙を吸うこと)していると虫歯のリスクが高くなります。
歯周病は進行が早く病状が重度なケースが多く、治りにくいです。
インプラント治療は失敗する原因になります。
またお口の中のガンのリスクを高めますし、歯ぐきが黒ずんできます。口臭の原因にもなります…

また、タバコの成分には「ニコチン」というものがあって、これは危険薬物と言われるコカインや、ヘロインに匹敵もしくはそれ以上の毒性と依存性があるといわれています…。

因みにタバコは「葉っぱ」を加工するのですが、害虫の駆除剤などに使うそうです…

何だか恐ろしいですね…。

まさしく「百害あって一利なし!」
皆さんもどうかタバコの害について正しい知識を知って頂きたいと思います!!
そしてますます健康で過ごせますように(^^)

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ