TOPへ戻る

ゴースト血管

こんにちは歯科技工士の宮林です。
天候が安定しませんが、ハナミズキも綺麗に咲いています。そろそろ、芽に(目に)青葉の過ごしやすい季節になると思います。
4月の始めに、テレビ番組で少し恐いテーマ「ゴースト血管」の放送を見ました。
ゴースト血管→消える毛細血管の話です。
全身に張り巡らされた毛細血管は、重要な役割をしています。それは細胞一つ一つにくまなく酸素、栄養を届ける働きです。その血管がゴースト(消える)化して細胞が死に病気を招くと言う話です。
脳にゴースト化が起これば、認知症に、骨に起これば、骨粗しょう症。肝臓、腎臓に起これば、機能低下を起こすそうです。
美と長寿のカギ。毛細血管は、0.005〜0.01㎜の太さです。その細い血管が全身末端まで巡っています。先に酸素、栄養を送ると書きましたが、血管が無くなることで、逆に不要な物を排出できなくなります。それがシワ、たるみ、薄毛、冷え症など招くそうです。また、骨は日々壊れたり、作られたりをくり返しています。骨が維持されるには、毛細血管が骨の材料を運ぶことで維持されます。ゴースト血管になると、骨は死んでいくそうです。それが骨粗しょう症です。
対策です。
加齢はしかたありませんが、余分な糖質は、有害物質を生むので大食いはしない。睡眠は十分とる。血液が滞るタバコ、運動不足、高血圧は注意が必要です。
スキップ。朝、昼、晩、その場で20回のスキップ。ふくらはぎは第2の心臓と言われています。全身に血液の流れをよくします。それと、漢方薬のケイヒこれは内皮細胞の接着力が1.5倍にアップするそうです。食材にシナモン、ルイボスティー、ヒハツも良いそうです。
美貌と長寿がんばりましょう。

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ