TOPへ戻る

ガム

1523712615204
こんばんは!衛生士の鈴木です。

私はよくガムを噛みます。
以前からの習慣になっているのですが、噛んでいるとなんだか落ち着く!?(笑)というのもありますが、外出先に歯ブラシセットを持ち歩く習慣が実はなく、
歯ブラシできない時もガムを噛むと多少唾液でプラークが流れ、全くブラッシングできない時の「ザラザラ感」も「少しは」緩和できるからです…。

一応衛生士の立場でお話すると、プラークは少なくとも24時間以内に除去することが必要ですので、最低でも1日1回以上、時間をかけてブラッシングするとよいと思います!

さて、今はガムの種類もとても豊富ですね!
キシリトールは昨今、巷でもだいぶ浸透してきているように思いますが、キシリトールと同じく、
「リカルデント」ガムもよく見かけるようになりました。

リカルデントってなんだろう??と思われる方もおられると思いますが、
これは簡単に言うと、牛乳タンパク質の成分で、カルシウムなどがたくさん入っているものです。
歯はカルシウムなどで出来ていますので、再石灰化(歯が溶け始めているところを修復する)を助けたり、また、お口の中が酸性(酸性になればなるほど歯が溶ける)になっているところを中和してくれます。

因みに当院で子供たちに塗布している「MIペースト」もリカルデント商品です!!
リカルデントの注意事項は、牛乳成分ですので、牛乳アレルギーの方は使用できません!

キシリトールやリカルデントなどを上手に利用して、お口の健康に役立たせたいですね!
因みに、また近々新しいガムを当院で販売する予定です!
どうぞご期待下さい!

秋津 歯医者 まつばら歯科|秋津駅徒歩2分

日付:   カテゴリ:スタッフブログ